博報堂生活総合研究所は7月2日、「家族30年変化」の調結果を発表した。この調は、1988年から10年おきに行なわれ、今回で4回。今年2月上旬から3月半ばにかけて、首都圏在住の、2059歳の妻とサラリーマンの夫が同居する世帯を対に実施し、630世帯1260人から回答を得た。

「夫も事を分担する方がいいと思う」と答える人は、1988年時点では夫38、妻60.4だったが、2018年は夫81.7、妻85.1と、夫婦ともに上昇している。

また「夫も育児を分担する方がいいと思う」の回答率も、1988年時点では夫45.8、妻67.6だったが、今回は夫88.9、妻94.だった。夫の4人に1人にあたる25.1が「仕事を減らしてでも事・育児に関わりたい」とも答えており、男性事・育児意識が30年前と大きく変わっていることが判明した。

それでも夫が積極的に行っている家事は「ゴミ出し」のみ


分担意識は高まってきましたが、現実は……

とはいえ、夫の事・育児の分担意識はこの30年で大きく変化したものの、実際の負担は妻に偏っている。日常生活の事柄で、夫、妻は普段どの程度参加しているかを項別に聞くと、「食事のしたく」(妻97.1、夫13.7)、「食後の後片付け」(妻94.3、夫19.8)、「洗濯」(妻95.4、夫11.1)という結果だった。夫の参加率が較的高い事は「ゴミ出し」(妻68.3、夫35.1)のみだった。

夫婦の役割分担の理想は、夫婦共に「等に分担」(夫20.2%、妻23.8)、「その時にできる方がやる」(夫52.7、妻64.8)が多いものの、現実には「妻は庭内の役割を、夫は庭外の役割を担う」(夫69.7、妻71.4)という状態。理想と現実には大きなギャップがある。これらの影か、「現状に満足している」人の割合は、夫が80.2%に対して妻が68.3と、妻の方が低くなっている。

妻の3割「やりたい仕事を断念」しわ寄せは依然として大きく

冒頭でも紹介した通り、「外の仕事を減らしても、もっと事や育児をやりたい」と答えた夫は25.1だが、妻は19.8と低い。むしろ、「事や育児の負担を減らして、もっと外の仕事をやりたい」という質問に、17.5の妻が肯定的な態度を示している。

仕事と育児の両立のために、自分はやりたい仕事を断念しているところがある」という質問でも、夫が21.3に対して妻が32.4だった。