【元記事をASCII.jpで読む】

 e☆イヤホンの「ポタフェス2018東京 秋葉原」(主催:ポタフェス事務局)が、7月14日11:00に東京のベルサール秋葉原で開幕する。会期は15日まで。

 世界初披露の製品を含む、国内外190ブランドが集結。特設ステージでのイベントや4000アイテムを揃えた特価セールなども実施する。イベントのメインビジュアルはelfin'が担当。実際にステージにも立つとのこと。

 事前情報ではオーディオテクニカがブランド初の完全ワイヤレス型イヤフォン「ATH-CKS7TW」を展示。シリーズ初のワイヤレススピーカー「AT-SBS70BT」「AT-SBS50BT」もイベント初披露する。

 また開放型の高級ヘッドフォンで有名な米国のGRADOは、世界初展示のBluetoothヘッドフォンを参考展示する予定。またイギリスのRHAは軽量で高音質な「MA390 Wireless」シリーズを公開。VECLOSは、魔法瓶の真空技術を応用したイヤフォン/ヘッドフォンを正式出品するとのこと。

 KOJO(光城精工)はMMCX端子採用の真鍮製ハイレゾイヤホンのプロトタイプを披露。小型ポタアン「PAMP」(Black)等との組み合せで試聴できる。Cornes Technologiesは、イヤフォン/ヘッドフォンの特性を可視化する測定サービスを提供。同社では業界標準のオーディオアナライザー「Audio Precision」の最新機種に加え、無響室による高精度の測定や測定環境の貸出サポートを実施しているとのこと。

 その他、会場では新製品・参考出品なども多数あるとのこと。

夏のポタフェス 2018が開幕! 秋葉原に160ブランドが集結