インテル時代には長友獲得、PSGでも強化担当歴任 昨年9月監督退任でフリー

 中国人オーナーの退任が決まったイタリアACミランだが、名門再建プランの一環として元ブラジル代表MFで現役時代に鹿島アントラーズでも活躍したブラジル人、レオナルド氏のGM就任の可性が高まっている。イタリア地元「ガゼッタ・デロ・スポルト」が報じた。

 レオナルド氏は現役引退後、監督も務めたインテルパリ・サンジェルマンPSG)などで強化担当を歴任。インテル強化担当時代の2011年にはチェゼーナから日本代表DF長友佑都を獲得するなどの手腕を発揮していた。

 2017年9月トルコ1部アンタヤスポル監督を務めていたが、約2ヶですぐさま退任の運びとなり、現在フリーの身となっている。

 ミランファイナンシャル・フェアプレーに違反したとして、来季出場予定だったヨーロッパリーグ(EL)の出場権を剥奪すると欧州サッカー連盟UEFA)が発表。今後2年間、UEFA催の大会に参加できなくなる状況にある。

 かつて「レオ様」の異名で日本でもされた子は、厳しい状況に追い込まれたディアブロ・ロッソ(赤い悪魔)の復活に尽することになりそうだ。


Football ZONE web編集部)

ACミランは、鹿島アントラーズでも活躍したレオナルド氏のGM就任の可能性が高まっている【写真:Getty Images】