バルセロナが、チェルシーに所属するフランス代表MFエンゴロ・カンテの獲得を狙っているようだ。イギリスメディアスカイスポーツ』が13日に報じた。

 カンテは2015-16シーズンレスターで、2016-17シーズンチェルシープレミアリーグ優勝を経験。今シーズンチェルシープレミアリーグ5位で終わったが、カンテは変わらずチームの中心選手としてプレーし続けた。

 バルセロナは今スペイン代表MFアンドレス・イニエスタブラジル代表MFウリーニョが退団している。そこでバルセロナは中盤の補強としてカンテにを付けたようだ。

 ポルトガルMFアンドレゴメスバルセロナを去る噂もあり、同メディアはA・ゴメスオプションに付け加えチェルシーからカンテを獲得する可性があると伝えている。

 現在カンテはフランス代表として2018 FIFA ワールドカップ ロシアで活躍中。クラブと代表で同僚のFWオリヴィエ・ジルーからは「ピッチ上に12人の選手がいるようだ。彼は2人分の仕事をしてくれている」と称賛されている。

チェルシーで活躍するエンゴロ・カンテ [写真]=Getty Images