これから夏休みシーズンに突入する中、帰省時に喜ばれるのが手みやげ。いま人気なのはどんな商品なのでしょうか?

どれにする?人気手みやげランキング商品画像はこちら

今回、東京駅に隣接する「大丸東京店」1階・地階の、約70ブランド・1日約3万個の手みやげが販売されている和洋菓子売り場での「人気手みやげランキングTOP10」が発表されました。帰省前にチェックしましょう!

あの定番もランクイン! TOP10発表

10位は麻布十番 あげもち屋「パンチェッタあげ餅」。まるでベーコンを食べているようなイタリアンおかきで、お酒のおつまみにもピッタリ! お酒好きな方への手みやげに喜ばれそうです。

9位は豊島屋「鳩サブレー」。バターたっぷり、明治生まれの鳩サブレーは、老若男女問わずみんなが知ってる銘菓ですよね。

8位は銀座ウエスト「リーフパイ」。パイの食感と白ざらめ糖の歯ごたえが特徴です。

7位は麻布かりんと「.TOKYO3袋詰合せ」。トリュフかりんと・チーズ&ワインかりんと・マヨネーズかりんとの、オトナ味の詰合せになっています。

6位はヴィタメール「マカダミア・ショコラ(ミルク)」。サクサクサブレに、マカダミアナッツとアーモンドをのせチョコレートでコーティングしてあり、食感も味も楽しめそうです。

5位はとらや「小形羊羹」。夜の梅・おもかげ・新緑・はちみつ・紅茶の詰め合わせになっています。目上の方への手土産にも最適!

4位は東京ばな奈STUDIO「東京ばな奈パンダ バナナヨーグルト味」。東京ばな奈が可愛いパンダに! やさしいバナナヨーグルト味なので、大人にも子供にも喜ばれそうです。

3位のシュガーバターの木「シュガーバターサンドの木」は、バターリッチなさっくりシリアル生地に、とろけるホワイトチョコがサンドされているので、サクサク感とクリーミーな口どけを堪能できる逸品。

2位はねんりん家「モアモイストバームもっとしっとり芽YS」。しっとりを超えた、まるでスフレのような瑞々しさをかんじさせる食感となっています。

ランキング堂々の1位は、N.Y.C.SAND「N.Y.キャラメルサンド」。お口の中でクッキー・チョコレート・キャラメルが一度ほどけ、再び絶妙なハーモニーを醸し出します。4個入と8個入があるので、帰省先の人数に合わせて買うこともできます!

【人気手みやげランキングTOP10】

◆1位 〈N.Y.C.SAND〉N.Y.キャラメルサンド(4個入)540円(8個入)1,080円
◆2位 〈ねんりん家〉モアモイストバームもっとしっとり芽YS(1ホール)1,188円
◆3位 〈シュガーバターの木〉シュガーバターサンドの木(7個入)535円(14個入)1,029円
◆4位 〈東京ばな奈STUDIO〉東京ばな奈パンダ バナナヨーグルト味(8個入)1,080円
◆5位 〈とらや〉小形羊羹(5本入)1,404円(7本)1,944円
◆6位 〈ヴィタメール〉マカダミア・ショコラ(ミルク)(8枚入)1,080円
◆7位 〈麻布かりんと〉.TOKYO3袋詰合せ1,550円
◆8位 〈銀座ウエスト〉リーフパイ(8枚入)1,296円(12枚入)1,836円
◆9位 〈豊島屋〉鳩サブレー(9枚入)1,080円
◆10位〈麻布十番 あげもち屋〉パンチェッタあげ餅(40g)422円

大丸東京店には、甘党の方へのスイーツも辛党の方へのお菓子もずらり勢揃い。悩んでしまいがちな手みやげも、楽しくサクサクと選ぶことが出来そうですよ!