大相撲の西大関・栃ノ心(30)=春日野部屋=が名古屋場所7日目の14日から休場することが決まった。栃ノ心は6日目に小結・玉鷲に敗れた一番で、右足の親指を痛めた。新大関の休場は、全休した2000年夏場所の武双山以来。栃ノ心の休場は昨年初場所以来7回目で、7日目の対戦相手の正代は不戦勝となる。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

栃ノ心=愛知県春日井市で2018年6月25日、大西岳彦撮影