ロナウド移籍で後釜補としてネイマール浮上もレアル公式サイトで移籍説を否定

 レアル・マドリードポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドユベントス放出し、ロシアワールドカップW杯)後には新シーズンに向けてチーム構成の大変革が予想される。その補の一人として見られていたブラジル代表FWネイマールパリ・サンジェルマンPSG)だが、レアル公式サイトで「オファーする予定はない」と異例の明を発表している。

 昨ネイマールは、バルセロナからPSGに2億2000ユーロ(約293億円)というサッカー史上最高額となる移籍パリへと渡った。リーグカップ戦の2冠に貢献したものの、シーズン後半戦の負傷やウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニとの確執が報じられるなどPSG染んだとは言い難い1年間となった。

 それを受けてスペイン復帰がシーズン中から噂にのぼっており、ネイマール級の選手を引き抜くがあると見られたのはレアルだったが、「公式明」と事務的な見出しの記事で以下のように記している。

レアル・マドリードPSGの選手であるネイマールクラブ間で契約を結ぶという情報がずっと流れていることを知っているが、その選手にオファーする予定はないことを明確にしたいと考えている。両クラブ間は素晴らしい関係性を築いており、もしレアルPSGの選手を手にできる段階にあったとしても、まずはクラブ間での接触をすることになるだろう」

 ネイマール本人ではなく、PSG側との関係性を重視していることを記した。ひとまずは移籍説を否定したレアルだが、“ポストロナウド”としてフランス代表FWキリアン・ムバッペ、ベルギー代表MFエデン・アザールらの名前も挙がるなか、本当にネイマールを移籍リストから削除したのだろうか。今後の動きに注が集まる。


Football ZONE web編集部)

ネイマール獲得が噂されていたレアル・マドリードだが、公式サイトで「オファーする予定はない」と異例の声明を発表した【写真:Getty Images】