紫外線で頭皮にダメージが!頭皮の日焼けがもたらす悪影響とは

うっかり日焼けに気を付けて!「頭皮」こそしっかり紫外線対策が◎

顔や身体の日焼け対策はバッチリでも、忘れてしまいがちなのが「頭皮」。顔や身体に比べると、頭皮が浴びる紫外線を気にする方は、少ないのではないでしょうか。 しかし、頭皮が浴びる紫外線量は、顔の2〜3倍以上とも言われています。頭皮は日焼けしやすい部分である上、紫外線を浴びることで様々な悪影響をもたらします。 【頭皮の日焼けがもたらす悪影響とは】 ■乾燥 紫外線を浴びて熱をもった頭皮は、水分が蒸発しやすいので、乾燥した状態になります。頭皮が乾燥すると、少しの刺激にも敏感になり、フケやかゆみといった、炎症やトラブルの原因なりやすいです。 ■たるみ 紫外線を浴びることで、コラーゲンが破壊され、頭皮のハリや弾力が失われます。頭皮と顔の皮膚は繋がっている為、顔までたるんでしまいます。 ■薄毛・抜け毛・白髪 頭皮を日焼けすると、髪の毛を作る「毛母細胞」がダメージを受けます。毛母細胞の働きが弱まると、育毛機能が低下する為、抜け毛や薄毛が促進されてしまいます。 髪を黒くするメラニンも減少するので、白髪が増える原因にも! ■色素沈着 頭皮は、肌よりも白い色をしていますが、日焼けすると茶色く色素沈着してしまいます。いつも同じ分け目でいると、日焼けしやすいので要注意です。

関連画像をもっと見る

「頭皮」の紫外線対策ってどうすれば良いの?

うっかり日焼けに気を付けて!「頭皮」こそしっかり紫外線対策が◎

顔よりも紫外線を浴びやすい「頭皮」。では一体どのように日焼け対策をすれば良いのでしょうか? 【頭皮の紫外線対策とは?】 ◎日傘・帽子 確実に頭皮を紫外線から守ることが出来るのが、日傘や帽子です。外出時やレジャーの時は、日傘や帽子で頭皮に紫外線が直接当たらないようにしましょう。 ◎日焼け止め 日傘や帽子が使えないような時は、頭皮にも日焼け止めを塗りましょう。つむじや地肌が出ている分け目を中心に塗るのがポイントです。頭皮専用のスプレータイプも販売されているので、塗るタイプに抵抗のある方はそちらもおすすめです。日焼け止めは、こまめに塗りなおすのが良いようです。 ◎分け目を定期的に変える いつも同じ髪型や、分け目が同じ場合は、その部分に集中して紫外線が当たることになる為、日焼けしやすくなってしまいます。週に1~2回分け目を変えると良いでしょう。 いかがでしたか?頭皮の日焼け対策も顔や体と同じようにこまめに行うことが大切です。この夏は頭皮も紫外線から守って健やかな髪と肌で過ごしましょう!

Closeup woman hand itchy scalp, Hair care concept