史上2位ロングゲーム後を捉えた画像をATP開、海外ファン美しい間」

 テニスの4大大会第3戦ウィンブルドンは15日、男子シングルス準決勝でケビンアンダーソン南アフリカ)がジョンイスナー(米国)を7-6、6-7、6-7、6-4、26-24で下し、初の決勝進出。第5セットは実に50ゲームに及んだ一戦はグランドラム史上2位の長さとなる6時間36分だった。世界が仰した歴史ロングゲームの直後、2人は健闘を称え合い美しき抱擁。その間を捉えた画像をATPツアー開し、海外ファンに「美しい間」「壮大だ」「言葉は要らない」と感動を呼んでいる。

 テニス史に残る、とんでもない間を世界撃した。ATPツアー公式インタグラム開したのは1枚の画像だった。

 試合展開を表示する電掲示板。そこにはアンダーソンイスナーの名前とともにゲームスコアが表示され、第5セットには「26」と「24」の文字が写っている。そして、試合時間には「6.36」の表示。その前のコート中央ではネットを越え、伝統のいシャツをまとった2人が死を出し切った表情でがっちりと抱擁を交わし、両者を客席のファンが総立ちで拍手を送っている。

 たった1枚の写真でも歴史的死闘が物語られている。合計99ゲーム、6時間36分というグランドラム史上2位ロングゲームを戦い終えた2人は健闘を称え合うように握手をしただけではなく、コート上で3秒間、抱擁を交わした。第5セット50ゲームに及んだ。勝敗を飛び越え、一歩も譲らなかった相手への敬意があったのだろう。感動的な間を捉えたものだった。

海外ファン感動「試合から両親が離れられなくて子供がかせていた」

 投稿では「ビッグな男たち、よりビッグな試合」などとつづられ、画像を観たファンから驚嘆のが続々と上がっている。

「終わりには美しい間」
「二人とも素晴らしいパフォーマンスだった」
「壮大だ」
「なんという試合だ」
「言葉は要らない…ただ拍手」
「試合から両親が離れられなくて子供がかせていた」

 このように感動がく間に広がっていた。試合はアンダーソンが最後の最後にイスナーを退け、歴史的死闘を制した。テニス史とテニスファンの記録と記憶に残る伝説の一日を1枚の写真物語っていた。(THE ANSWER編集部)

歴史的なロングゲームを戦ったジョン・イスナー(左)とケビン・アンダーソン【写真:Getty Images】