テレビアニメゲゲゲの鬼太郎」第16話の先行カット開されました。

第16話「潮の怪!海座頭」より

<第16話「潮の怪!座頭」あらすじ>まなは叔父叔母が住む港を訪れていた。祭が開催されないと知り残念がるまなを元気づけるために、叔父庄司はまなに活きのいいを獲ろうと漁へ出るが、そのまま戻ってはこなかった。町の漁師たちと船で捜索に出たまなは、で船幽霊たちに襲われる。なんとその船幽霊たちは行方不明となっていた庄司たちだった。船は沈みまなだけが辺に打ち上げられ生き延びた。助けに来た鬼太郎は船でのたち込めるへと向かう。そこで船幽霊たちとともに封印されていたはずの妖怪座頭と遭遇する!

第16話「潮の怪!座頭」は、7月15日(日)9:00からフジテレビ他で放送されます。

この回には、法師の姿をした妖怪座頭(CV:青森伸)が登場。座頭は、を奏でることでを操り攻撃。財宝にく、財宝を積んだまま沈んだ船を引き上げる手下として、人々を襲い船幽霊にかえます。

また、鳥取県米子駅から境港駅を結ぶJR境線において、7月14日(土)より目玉おやじ車両ねずみ男車両リニューアルして登場!そしてなんとアナウンスアニメゲゲゲの鬼太郎(第6期)キャラクターの音に切り替わります! ゲゲゲの鬼太郎目玉おやじねこ娘アナウンスを聞きに、ぜひ港まで遊びに来てください!

1968年の初放送から50周年のアニバーサリーイヤーを迎えた「ゲゲゲの鬼太郎」。第6期の舞台は、21世紀に入ってから20年近くが経ち、人々が妖怪の存在を忘れてしまった現代。科学では解明できない現が頻発して大人たちが右往左往する中、そんな状況を何とかしようと妖怪ポスト手紙を書いた13歳の少女・まな。彼女の前に、カランコロン下駄の音をかせてゲゲゲの鬼太郎が現れます。(WebNewtype

第16話「潮の怪!海座頭」より