画/彩賀ゆう (C)まいじつ

最近、一部サイトで面白いランク付けが行われていた。“男性有名人の中で小顔は誰か”というものだ。これは芸能人だけでなく、スポーツ選手も入れた“有名人”を対象としたものだ。

「女優の小顔ランキングというのはよく見かけます。しかし、男性の小顔というのは異色企画ですね」(芸能ライター)

小顔男性有名人はどんな顔ぶれかだったのか。まず1位を先に見てみると、プロ野球の大谷翔平と俳優の速水もこみちが並んでいた。互いにジャンルは違えど体の大きさと比較した縮尺は有名人の中でも圧倒的な存在感だ。

「大谷は、メジャー中継を見る人なら分かると思いますが、欧米人と並んでも顔が小さい方です。ある野球解説者が『メジャーの選手の中でも顔が小さく、体が大きいから非常に存在感がある』と褒めていました」(スポーツ紙記者)

では速水はどうか。

「もこみちも身長186センチメートルとスポーツ選手並みに大きく、肩幅もある。ところが顔は本当に小さい。もこみちの特徴は首がやや太めで、顔と首が同じ幅に見えるところでしょうか」(前出・ライター)

 

男性有名人「小顔ランキング」で上位に食い込んだスポーツ選手とは?

向井理と同率3位になったのは…

そして、小顔と聞いて誰しもが思い浮かぶのが、フィギュアスケートの羽生結弦だろう。羽生は今回のランキングで3位だった。

「スラッとした体型に縦も横も小さい顔。小顔が多い芸能人と比べても間違いなく小さい方です。平昌五輪での羽生は、欧米人よりも小顔に見えました」(前出・記者)

羽生が3位と聞いて驚いたかもしれない。「1位が羽生で2位に大谷では?」と思った方もいることだろう。しかし、このスポーツ紙記者によると「以前スポーツ分野の表彰式で大谷と羽生が並んだときの写真が存在するのですが、大谷の顔の大きさは羽生とほとんど変わらなかったのです」と明かす。

その羽生と並ぶ3位が俳優の向井理だった。あなたはこの結果をどう見る?

 

画/彩賀ゆう (C)まいじつ