【元記事をASCII.jpで読む】

 中国シャオミの最新スマートフォン「Mi 8 SE」がアキバ店頭に登場。イオシス アキバ中央通店にて、店頭価格4万9800円で販売がはじまっている。

 シャオミが6月に発表した、フラッグシップスマートフォン「Mi 8」シリーズの廉価モデルにあたる端末。価格も5万円切りと安価ながら、アッパーミドルクラスの最新SoCや6GBメモリー、デュアルカメラを搭載するなど、極めてコストパフォーマンスが高い。

 ディスプレーは1080×2244ドットの5.88型で、プロセッサーはオクタコアのSnapdragon 710(2.2GHz)、メモリー6GB、ストレージ64GBを実装。OSはAndroid 8.0ベースの独自UI「MIUI 10」が採用されている。

 そのほか、1200万画素+500万画素のデュアルカメラと、2000万画素のインカメラを装備。指紋認証センサーを備え、Quick Charge 3.0対応の3120mAhバッテリーを内蔵している。

 ネットワークは、FD-LTEバンド1/3/5/7/8、TD-LTEバンド34/38/39/40/41などに対応。nanoSIM×2のデュアルSIMスロットを備える。

 なお、今回入荷したのはブラックカラーの中国向けモデル。中華スマートフォン特有の難しさがある点には要注意で、何かトラブルがあった際も自己解決できる中上級者向けのスマートフォンだ。

5万円で買えるシャオミの最新スマホ「Mi 8 SE」がアキバに入荷