ナ・リーグ本拠地戦でDH制は採用されず

 エンゼルス大谷翔平投手は13日(日本時間14日)、敵地ドジャース戦でスタメンから外れた。この日から始まるLA対決のフリーウェイシリーズ第2幕は、ナ・リーグ本拠地が舞台となるためにDH制は採用されず。守備に就かない大谷代打限定起用となる見込みだ。試合前に取材に応じたマイク・ソーシア監督は「試合の経過によって、一番効果的な場面で使いたい」と、代打の切り札・大谷に期待した。

 3戦連続ベンスタートとなった大谷だが、前半戦残り2試合も先発オーダーに名を連ねることはなさそうだ。この日から敵地ドジャースタジアムで開催される3連戦は、ナ・リーグ本拠地での交流戦のためDHはなく、大谷代打として出場機会を探る。

 アルバート・プホルスが左膝の炎症で故障者リスト入りしたため、チームとしては長打が期待できる大谷先発オーダーに入れたいところだがわず。ここまで7本塁打22打点、打率.279の活躍を見せる24歳は、代打の切り札としてベンチに控えることになるが、ソーシア監督は「試合の経過によって、一番効果的な場面で使いたい。彼が得点できる確率の高いところで起用していきたい」と期待した。

 大谷は19日(同20日)に治療中の右肘の再検を受ける予定で、指揮官は「ショウヘイの“セイゲンナシ”を期待している」と話し、投手としてのトレーニング再開許可を心待ちにした。(子原浩二 / Koji Bonkobara)

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】