特撮ドラマ仮面ライダーフォーゼ」(2011)でメインキャスト同士として、長く共演した福士蒼汰吉沢亮が、映画BLEACH』(7月20日開)ではクラスメート役で久しぶりに共演を果たした。いまでは共に第一線で活躍する人気俳優になり、取り巻く環境は変化したに違いないが、福士は「波長が似てる」という2人の変わらぬ友情関係を明かした。

 「間のいた6年の間に、ご飯に行ったことも数えるほどしかないですし、はたから見たら、本当に友達? という感覚かもしれません。でも会うと何も変わらず、それまでと同様にすっと自然に隣にいられる。お互いに干渉し合わないところがいいのかもしれません」

 吉沢との仲について、そう福士。話さなくてもわかり合える間柄にはよほど信頼し合わなければなれないものだ。「『たち、友達だよね?』みたいに確認し合わなくても、ちゃんとお互い友達だと思っている。同い年で一緒に経験を積んできたことが大きいと思います」と同生のような再会を喜んでいた。福士によれば、吉沢は「波長的に似ているタイプ」。「基本的には人見知り。口数が少ないどころか、黙っていることが多い。一緒にいやすいし、お芝居もしやすい」というのが福士吉沢観だ。

 本作では福士主人公黒崎一護を演じるのに対し、吉沢一護同級生である石田雨竜役。「死神」を与えられ、家族仲間たちのために虚<ホロウ>という悪霊たちと戦うことになる一護と、死神に対抗する「滅却師(クインシー)」という種族の生き残りである。共演シーンでは福士吉沢ならではの、あうんの呼吸を見せる。「彼がどしっとしていてくれたから、自分でもコントラストがつけやすかったです。演技に関しては何も話してはいないんです。でも、『くん、そっち行くの? じゃあ自分はこっち』みたいなことは言えばもちろんわかってくれる相手ですし、言わなくてもわかります」という言葉からは吉沢との確かな信頼関係が伝わってくる。

 作品を離れても、福士吉沢の間は心地いい一定の距離が保たれているようで、「お互いを特別意識はしていないけれど、『ああ、今度こういうの出るんだ』といい刺になります。ジャンプの作品多いなとか(笑)」と福士は笑う。

 世界人気漫画実写化する『BLEACH』の開を控える2人。福士は今年、すでに『曇天に笑う』や『ラプラスの魔女』といった出演作が開されている。一方、吉沢も『ママレード・ボーイ』『は抱くもの』などが開され、二人とも役はもちろん、でも存在感を示すのある俳優となった。だが、ライバルと感じることはないらしい。福士にとって、同じ世代の役者たちの活躍は大いに刺になるそう。

 「それぞれがいろんな方向性で頑っているから、自分は別の方向で頑ろうと思います。『そこらへんのもあるけど、自分はこっちを選んでみよう』そういう生き方ができる世代でもあるのかもしれません。多様性があるのだと客観的に感じています」

 福士が自分の強みだと話すのは「ライダー時代からつちかったアクション」。『BLEACH』は盟友と久しぶりにぶつかり合い、互いの成長を見せられるいい機会となったようだ。(取材・文:高山亜紀)

撮影:日吉永遠