「茶のしずく石鹸」の旧製品で小麦アレルギーを発症したとして、福岡県の女性らが販売元の「悠香」など3社を相手取り、1人当たり1500万円の損害賠償を求めた集団訴訟の判決が18日、福岡地裁で言い渡される。他の地裁に起こされた裁判で企業側の責任を認める判決が出ており、同様の判断が示される公算が大きい。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら