「防災をこれからのフェーズへ」と掲げ、日本メンバーが在籍する一般社団法人防災ガール(登記:東京本郷三丁、代表理事:田中美咲)はこの度、津波防災の普及啓発プロジェクト#beORANGE(ハッシュビーオレンジ)」の一環で遊びながら津波防災について学べるカードゲームFLAGO(ふらご)」を開発しました。

カードデザイン現在プロトタイプ段階であり、一部修正される予定です)

津波防災カードゲームFLAGO(ふらご)」とは
東日本大震災で被災した若者から、津波被害が想定されている宮崎辺、そして全から立ち上がった辺の自治体職員をはじめ、もっとも近くでと向き合い活躍しているサーファーやライフセーバー、さらには災害生時被災地域に向かう医療・救急の専門大学教授など様々な分野で活躍する方々に集まっていただき、総を挙げて生み出したのが、津波防災のカードゲームFLAGO」です。

自然災害が発生するたびに、期に防災意識を高める必要性に気づかされる一方、直接被害を受けなければ行動に移すきっかけもなく、いつの間にか忘れてしまうというのが今の日本災害対策・防災対策の現状です。そこで、行動に移すきっかけを「もっと身近につくれたら」という想いで、本ゲーム製作を開始しました。


FLAGOの4つの特徴>
1)ゲームプレイするだけで、だれでも正しい避難行動が理解できるように設計
2)実際の災害時を想定し、実現可な防災のみを反映させたリアルな学びが得られる
3)自分の知恵でアクシデントを乗り越える、生き抜くを養う知育ゲーム
4)環境配慮の再生を使い、人にも地球にもやさしいゲームに。

に携わる私たちが新しく生み出すものは、「にも地球にもいいもの」をと考え素材や印刷方法にもこだわりました。そして防災は「にでも必要なこと」だとかんがえ、インクルーシブデザインの専門であるNPO法人Collableと協し、でも楽しめるように設計しています。

クラウドファンディング制作費を募集
海の日である7月16日よりクラウドファンディングを開始します。

クラウドファンディングサイトはこちら:https://camp-fire.jp/projects/view/87418

基本的には、FLAGOをお届けできるのはこの機会のみとして、ここで集まった支援全額FLAGOの製作費にまわし、支援してくださったかたへのリターンとして完成したFLAGOをお届けします。
教育現場の関係者や、自治体・団体・個人を問わずどなたでも入手が可です。

津波防災プロジェクト#beORANGE(はっしゅびーおれんじ)」とは
2016年スタートした本プロジェクトは、に映える「オレンジ」という色を使ったフラッグ津波避難ビル・タワーに設置することで、地震の発生をにいる者に伝えると同時に緊急時に避難する先をわかりやすく示し、津波が発生した際の避難を加速させることを標とし活動するプロジェクトです。

#beORANGE WEBサイトhttp://beorange.jp/

また、「オレンジフラッグ」を導入するにあたり、自治体や住民などが協働して取り組むことで、防災についてまちぐるみで向き合うことを提案してまいりました。一昨年は、静岡愛知高知自治体・地域の人々とともに、昨年は宮崎大学自治体日本サーフィン連盟やライフセービング協会など様々なセクターの方々と連携しています。
フラッグの設置や周知徹底、フラッグを使った避難訓練に取り組んだほか、プロジェクトへの賛同を可視化するアイテムとして、ふだんから身につけることのできる防災パラコードミサンガやラウンドタオルを開発しました。

運営・開発者情報
一般社団法人防災ガール
URLhttp://info.bosai-girl.com/
2013年3月設立、2015年3月11日法人化。「防災があたりまえの世の中に」をすべく、20代30代を中心に構成されたソーシャルスタートアップ。常に今ある「あたりまえ」を疑いながら防災や生きることについて考え、商品開発やイベントプロデュースを通して、フェーズに合わせた新しい防災の概念をさまざまな形で提起し続けます。


配信元企業:一般社団法人防災ガール

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ