北朝鮮の食料事情などを視察するため、9~12日に訪したマーク・ローコック国連事務次長(人問題担当)兼緊急援助調整官は、今回の訪を通じて北朝鮮では依然として人義への挑戦が続いていることを確認したとり、北朝鮮子どもたちに対する支援の必要性を強調した。政府系のラジオフリーアジアRFA)が伝えた。

(参考記事:南北対話のかげで餓死者続発…北朝鮮国民の「幸福」は遠い

ローコック氏は「北朝鮮はここ数年間で、民への食糧と医療サービス提供で多くの進歩を遂げたが、行くはまだ遠く険しい」とった。

また、2011年には北朝鮮の児童の30栄養失調に起因する発育不良の状態にあったが、現在ではその数値が20に低下したものの、依然として高い準にあると摘した。

同時に、較的少量の食糧や医薬品支援することにより、北朝鮮民の命を救い、痛みを軽減することができるという事実について、各を説得すること国連の最優先課題であると強調した。

ローコック氏によれば、国連が今年3月北朝鮮支援のために1億1千100万ドルが必要であると明らかにした後、4カ間で集まった資はその10分の1に過ぎないという。

北朝鮮──その深部とポテンシャルを探る