進行性の乳がんと診断された神奈川県鎌倉市の会社員、白戸ミフルさん(39)が、コミックエッセーで夢だった漫画家デビューをした。6月に刊行された単行本は「乳がんステージ4だった私が、それでも合コンに行きまくって救われた話」。白戸さんは「つらいことを楽しくする」をモットーに活動を続けていきたいという。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

初の単行本を手にする白戸ミフルさん=東京都千代田区で、谷本仁美撮影