SUBARUフォレスターには、ターボエンジンが用意されず、2.0L +モーターのマイルドハイブリッド「e-BOXER」、新開発の2.5Lエンジンという、2つの直噴NAエンジンが搭載されています。さすがにポート噴射では限界だったようで、今回の直噴化によりエンジン90を新設計したそう。

詳細画像はこちら

フォレスターに限らず「SUBARUといえばターボだろう!」という根強いファンも聞こえてきますが、現時点ではターボの導入に関してはアナウンスされていません。ただし、先日発表された新中期経営ビジョンSTEP」では、SUVラインナップの拡充が表明されていますので、フォレスター・ターボの追加は期待したいところ。なお、SUBARUでは、ベースグレードを2.5L NAに引き上げたという説明をしています。

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

先述したとおり、現状では、「FB25の2.5L DOHC直噴エンジン184ps/5800rpm、239Nm/4400rpmというスペックトップモデルとなっています。

詳細画像はこちら

先代の2.0Lターボ「FA20」は、280ps/5700rpm、350Nm/20005600rpmというスペックでしたから、新開発の2.5L NA「FB25」よりも96ps/111Nmも高かったことになります。それでも、2.5L NAを積む新フォレスターを急勾配の多いクローズコースで走らせると、とくに動に不満はありませんでした。

確かに、ターボ仕様はブーストがかかった際の一気呵成の加速感は魅ですし、スペックを見ても明らかのように、絶対的な速さでは2.5L NAを大きく上回ります。

しかし、新はNAらしいスムーズな加速フィールもあり、アクセル踏み込み時の軽快感を重視したセッティングになっているそう。当然ながらターボラグもないので、ブーストがかかるまでの「間」を慢する必要もありません。

詳細画像はこちら

しかもプラットフォームの「SUBARU GLOBAL PLATFORM」化によりコーナーでの安定感が高まり、コーナリングスピード自体はより高い速度域を維持しやすくなっているのは明らかですから、ターボの方もまずは試乗して欲しいところです。

また、2.0Lマイルドハイブリッドの「e-BOXER」とべると十分といえるトルク感があり、元々秀逸だったCVTがさらに熟成されたフィーリングも得られるのも美点です。

(文/塚田 写真/塚田SUBARU

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

【試乗】ターボ派の心をつかめるか? 新型フォレスターの2.5L NAエンジンをチェック(http://clicccar.com/2018/07/14/608581/)