西日本豪雨で、被災者らの情報収集にソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)が威力を発揮している。安否確認や給水車の行き先、防犯情報などやり取りされる内容はさまざま。災害時は通話回線よりつながりやすく、情報を瞬時に共有できるSNSのメリットを生かし、「人の輪」で災害に立ち向かおうとしている。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

「真備をなんとかせんとおえん」と書かれたTシャツを着てボランティアをする田村純也さん(左)=岡山県倉敷市真備町川辺で2018年7月12日午後7時30分、信田真由美撮影