土屋太鳳、チアダン

(画像はTBS金曜ドラマ『チアダン』公式Instagramスクリーンショット

部活やスポーツを通じて「若者の青春」を描いた名作は枚挙にいとまがない。13日に初回が放送された『チアダン』(TBS系)もすでに「名作になりうる」匂いが漂う。

同作は、2009年に全アダンス選手権大会で優勝した福井県福井商業高校のチアリーダー部「JETS」の実話をもとに、2017年広瀬すず演で開された映画『チアダン 女子高生がチアダンスで全制覇しちゃったホントの話』のドラマ化作品。

映画から9年後の福井県を舞台に、福井西高校の弱小チアリーダー部に所属するわかば土屋太鳳)らのチアダンへかける情熱を描く。

■チアダンス部の設立

幼いころ、全優勝を果たした「JETS」のキラキラした姿に憧れを抱いた姉妹あおい(新木優子)は「JETS」の元センターとして活躍したが、わかば受験に失敗、隣町の福井西高校の弱小チアリーダー部に入部することに。

高校2年生のへのコンプレックスと「努だけではどうにもならない現実」に打ちひしがれていたわかばの前に、東京からの転校生桐生汐里石井奈)が現れる。桐生は「打倒JETS」を宣言し、競技としてのチアダンスをしようとチアリーダー部を訪ねてきたのだ。

JETSに勝って全制覇」を桐生は乗り気でないメンバー理やり誘いチアダンスを導するのだが、温度差から決裂。残されたわかばと2人で「チアダンス部」設立をしていく。

■姉との確執

そのあおいが「高校のチアダンス部で導する」ために上すると家族に明かす。「元JETSじゃなくて、楽でないを行きたい」と、あおいは両親の反対を押し切って上を決めてしまった。

の上を知り、コンプレックス嫉妬から「あおいってべられる気持ちはおちゃんにわかるわけない」と罵を浴びせてしまったわかばに、あおいは「簡単に手に入れたものなんかない」と口を開く。

「自分のを試したいけど、本当に東京でやっていけるのか不安やし、怖くてたまらない」と弱音を漏らしながらも、「トライもせず諦めたら、私は私にガッカリする」と挑戦することの大切さをに説いた。

■わかばが奮起

ある、自宅に「JETS」のメンバーあおい感謝を述べるために集結。その場に居合わせたわかばは、顧問の友永ひかり広瀬)からが努し続けてきた姿を伝えられ、「意地悪なことを言ってしまった」後悔に苛まれていく。

「できっこないをやるって意味ある?」悩むわかばに、心を病み休職していた教師・漆戸太郎オダギリジョー)は、自身を振り返りながら「本当にやりたいことをやれてる時が一番楽しいかも」と助言。

幼いころを思い出したわかばは「当たって挫けろ(砕けろ)やね」と元気を取り戻し、のためにある作戦を実行していく。

■チアダンス部の始動

土屋太鳳、石井杏奈、チアダン

(画像はTBS金曜ドラマ『チアダン』公式Instagramスクリーンショット

「チアダンスやろっさ」、わかば桐生に宣言。校内にビラを貼り、ダンス経験者を勧誘するなどし集まった6人でチアダンス部が仮始動する。

わかばは「上に不安なのために一緒に踊って欲しい曲がある」とメンバーに嘆願、練習を開始するが、「楽しいだけじゃ勝てない」と本気でチアダンスに望む桐生は厳しい導をやめず、ここでも裂が。わかばはそれでも諦めず、桐生と2人でのためのチアダンスの練習を重ねた。

■姉妹が夢に向かう

当日、に向かう途中のあおいを呼び止めたわかば桐生とチアダンスを披露。

にとって思い出の曲・サンボマスター『できっこないをやらなくちゃ』にあわせて踊る2人の姿に、偶然居合わせたメンバーが合流、6人の息の合ったチアダンスを贈った。

ありがとう」頭を下げるあおいに、わかばは「できっこないをやってみるでの」と決意表明、姉妹は互いを応援しながら、それぞれの夢に向かって歩んでいく。

しかし、突然ダンスに足を止めた人たちが集まったことで、警察官から注意を受けるメンバーたち。慌てて飛び出してきた漆戸が警察官に謝罪、「顧問です」と名乗ると、わかばらは顧問の誕生に喜びを爆発、初回の幕を閉じた。

■視聴者も興奮

競技への情熱、夢、悩み、仲間家族など、青春時代徴するエピソードを盛り込んだ本作。視聴者過去を思い出すような、甘酸っぱいキラキラとした青春群像劇奮している。

物語がこれからどのように進んでいくのかも注だが、土屋広瀬以外にも今を時めく若手女優が集結している本作だけに、初回に登場したメンバー、これから絡んでくるだろう登場人物も気になるところだ。

次回以降、ますます視聴者の関心が高まるのは間違いないだろう。

・合わせて読みたい→Fカップ新人グラドル・宮瀬葵菜 今の自分があるのは橋本梨菜のおかげ?

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

土屋太鳳、広瀬すず出演の『チアダン』 高校生たちの青春群像劇に「眩しすぎて泣ける」