これまでにもさんざん話題になってきた、NHKネット同時配信。いよいよ総務省が容認する方針を固めたと報じられ、ネット上でも大きな注を集めている。

NHKとしては、平成31年度には、配信をスタートさせたい意向で、総務省は、7月13日開催の「放送を巡る諸課題に関する検討会」でNHKの常時同時配信の容認を盛り込み、来年の通常国会で放送法正案を提出する構えだという。

NHKネット同時配信を行うにあたり、ユーザーの最大の関心事は、「テレビを持っていなくて、パソコンスマートフォンを持っていれば、それだけで受信料を払わなければならないのかどうか」という点だ。

朝日新聞デジタルなどによれば、「当面」は、受信料を払っている世帯では、追加負担なしで同時配信を利用できる計画とのこと。また産経ニュースは、受信料を支払っていない世帯では、番組画面にメッセージを表示し、受信契約を促す案があると伝えているほか、将来的にはネットのみの世帯に対し、新たな受信料を設定する可性についても示唆。「NHK受信料制度等検討委員会」の答申では、この受信料は「受信アプリインストールした段階などでの課金を想定」しているとされるが、産経ニュースは「いずれはテレビと同様に、スマホなどを持っているだけで請される可性もある」と述べる。

総務省の検討会では、NHKに対して受信料の引き下げなどといった条件をめるとされ、ネットユーザーの負担がどのようになるかはまだまだ不透明な部分も多いが、Twitterには、

“遂にPC持ってるだけでNHKの徴収が来るのか…”
“これ始まったらスマホ持ってるだけで視聴料取られたりしそう。。。”

など、戦々恐々とするが続出。さらに、

“選択の自由はないの?スクランブルにしてほしい。
NHKが嫌だからテレビを持たないのに、これっておかしい。”
“全てのパソコンに受信料をかける気か。受信には、ログインを必要にしろよな。”
“ふ・ざ・け・る・なぁー!!
価格じゃない、ガバナンスじゃない、不要なの。必要な人だけが契約できる、自由になってくれ。”

など、価格の問題ではなく、「見ない」のに「徴収される」ことに異を唱えるが噴出している。NHKはこうした民のをどう受け止めるのか、今後の対応が注視される。
賀 太)

■関連リンク
ネット常時配信、容認 NHKの計画、条件付きで 有識者会議朝日新聞デジタル
https://digital.asahi.com/articles/DA3S13583414.html?rm=150

NHK、受信料新設狙う ネット同時配信…将来的な財拡大をもくろむ- 産経ニュース
https://www.sankei.com/economy/news/180712/ecn1807120022-n1.html

放送を巡る諸課題に関する検討会 – 総務省
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/kenkyu/housou_kadai/