堅実女子のお悩みに、弁護士柳原桑子先生が答える本連載。今回の相談者は、森田恵美さん(仮名・32歳・マスコミ関連会社勤務)です。

仕事に夢中になって20代を過ごしてしまい、気が付けば32歳になっていました。周囲の友人を見ると、皆結婚し、子供を抱いています。今まで優秀な成績で、仕事もできて、バランスの取れた人間として評価されてきました。私は学歴も高く、論理的で、会社でも昇進がい方だと思います。

それなのに30歳をえてから、結婚していないというだけで、親や親戚から世間体が悪いような扱いをされています。明らかに私よりもスペックが低い女子から、”かわいそう”という態度をとられるのもムカつきます。さらには私よりデキが悪かった子供を産んでしまい、今、私はなりふり構っていられないところまで追い込まれてしまいました。

仕事男性と出会うこともあるのですが、年収が高く顔もよく、仕事熱心な男性はみんな既婚者。私は、男性から“弁が立ってよりも優秀”と人気がないんです。日本男性はホントに“弱くて自立していない女”が好きなんだと思います。

恋愛をすることは難しいので、今、マッチングアプリ婚活をしています。高齢出産と言われる35歳までに結婚したいと思っています。ホントは恋愛結婚したいのですが、全然理。だから手段を選べません。マッチングアプリについて噂を聞くと、うまくいった人もいるけれど、既婚者に遊ばれたとか、デートDV的なマウンティングをされたとか、さまざまな噂を聞きます。

今、始めたばかりなのですが、自分で言うのもなんですが私は容姿はそこそこいいので、さまざまな男性からアプローチを受けています。

先日デートした人は不動産会社の社長で、食事をした後、お台場までドライブに連れていかれ、高価なジュエリープレゼントされました。断っても、“があなたにあげたいのだから、気持ちよくもらって”と言われてしまったのです。

お金を返せと言われたらどうしよう”とか、”またドライブに連れていかれて強引に男女の関係に持ち込まれたらどうしよう”など怖くなってしまい、その彼とはどう進めていいのか、二の足が踏めずにいます。私はネットでの出会いに慣れておらず、どのように自衛していいかがわかりません。

そこで、先生に、もし何かがあった時のために、暴力的な手段ではなく、自衛する方法を教えていただきたいのです。

どうぞよろしくお願いいたします」

弁護士柳原桑子先生の回答は……!?

男女交際における安全性の確保は、出会いの方法から慎重になるにこしたことはありません。しかし、マッチングアプリで出会いをめている場合、お互いにバックグラウンドも共有せず、見ず知らずの人との出会いをセッティングされています。したがって、安全性の担保は基本的に自己責任のみで、いに等しいのではないかと考えられます。

しかし、何かあったときのために自衛するというのは、対面で会わないのが一番の方法です。今の出会いの方法で既に不安を感じているのであれば、その方法自体を見直した方が安全面では確保できるはず。

メールの履歴を残す、外出先を家族に伝える」などという観点もありますが、これは何かあった後の責任追及のための対処法にしかなりません。「何かあったときの自衛」というのは、そういうことではなく、あなたが傷つくのを避けることを優先して、行動することではないでしょうか。

自分はネットでの出会いに慣れていない、人を見るがない、情弱だと思う人は、敢えてマッチングアプリを使わずに、リアル結婚相談所に行くのが良いかも。

賢人のまとめ

「何かあったら自己責任」という出会いの手段を、再考してみてはいかがでしょうか。

プロフィール

法律の賢人 柳原桑子

第二東京弁護士会所属 柳原法律事務所代表。弁護士

東京都生まれ、明治大学法学部卒業。「思い切って相談してよかった」とトラブルに悩む人の多くから信頼を得ている。離婚問題、相続問題などを手がける。『スッキリ解決 後悔しない 離婚手続がよくわかる本』(池田書店)など著書多数。

柳原法律事務所http://www.yanagihara-law.com/

関連画像