夏祭りやかに浴衣は、できればシーズン前に準備しておきたい。決して安くない買い物なので、失敗は避けたいところ。そこで、「きものやまと」広報の青木さんに、今年トレンドの浴衣について聞いてみた。

■見ただけでなく、着心地を重視

2018年、トレン浴衣キーワードは「清感」。

「色でいえば、今年はブルー系の清感あるゆかた人気です。素材は、肌に触れるとひんやり感じる感ポリエステル素材がおすすめ。
シワになりにくく、速性があるので、おうちで簡単に洗濯ができるのも魅です。 さらに今年は上記の素材にストレッチの機プラスされた、今年初登場の『Ryo Fit』のシリーズ人気です」(青木さん)



Ryo Fit」は、洋でも使用されるストレッチ素材を使用し、着心地を追求して作られた浴衣

「生地にしなやかさがあるため、綿などの素材よりも体にフィットします。ストレッチが効いているので座ったり歩いたりの動作をするにも、着崩れしにくいのが特徴です」(青木さん)

また、柄が多い浴衣の中で「新鮮」と人気なのが、絞りの浴衣



古典的ですが、他の人と違うものがいい、という方におすすめです。こちらは襦袢や足袋を身に着けてきものに着ると、ホテルランチ美術館など、着用場所の幅がグッと広がります」(青木さん)

ライトブルー爽やかな印だが、上品な配色なので幅広い世代に似合いそうだ。

■コーディネートも爽やからしく!

続いて、浴衣に合わせる小物について聞いてみた。

「合わせる半幅帯は、地だからこそ、繊細な素材感が出る麻帯を。コーディネートを上品にまとめてくれます。バッグは、洋にも合わせられるタイプ人気です。従来の巾着などは容量が少なく、財布を小銭入れに入れ替えたり、不便なことも多かったのですが、最近では日常使いができ、かつ容量もあるカゴバックっています」(青木さん)




また、飾りはモチーフにした大きめのもののイメージがあるが、大人女性を中心に、最近は簪(かんざし)も人気なのだとか。



「特にガラス製のものは清感があり、見たにも涼しくコーディネートのポイントになります」(青木さん)

浴衣は買えないが、コーディネートで去年と変化を出したいという人は、これらの小物を取り入れてみてはいかがだろうか。

なお、「失敗しない浴衣の着こなし、最後の仕上げで“また割り”を(女性編)」という記事も「教えて!goo ウォッチ」では開しているのであわせてチェックしてみて欲しい。

取材協株式会社やまと

酒井理恵

教えて!goo スタッフOshiete Staff

2018年、キーワードは「清涼感」! トレンド浴衣を解説