アニソンを数多く手掛けるアーティストangelaニューシングルSURVIVE!」を7月18日()に発売する。本作は7月7日(土)より順次開がスタートした劇場アニメーション「K SEVEN STORIES」のオープニング題歌となっている。

【写真を見る】第1回は「デビュー15周年記念ライヴ」について語ってもらった

今回「ザテレビジョン」では、angelaへのインタビューの模様を連続掲載。初回となる今回は、山梨・河口ステラシアターにて5月19日に行われた「デビュー15周年記念ライヴ」についての内容をお届け。7月15日(日)2時よりWOWOWライブで放送となる本演の思い出や魅をたっぷりと聞いた。

――先日は「デビュー15周年記念ライヴ」を河口ステラシアターで開催されました。その模様が今度WOWOWで放送となりますが、振り返ってみていかがですか?

atsuko:河口ステラシアターは半野外のとても特殊な会場で、屋根を開ければが見えますし、後ろのを開けると広場が広がっていて開放的ですし、気がよければ富士山も見えますし、とにかくすばらしい場所なんです。今回、花火を上げたり、ステージの後ろに大きなミラーボールをたくさん設置してそこにを当てて会場を照らしたりと、いろいろな演出ができました。

でも、私は結構歌詞を間違えましたね(笑)。ただ、これはしょうがないんですよ。言い訳ではないのですが(笑)ライブが夕方の5時スタートでまだのように明るかった上、お客さんがすごく近い会場なので、全員の顔が見えるんです。なので「あっ、○○さん来てる!」とか、「××さん1列じゃん!」みたいなことを、歌いながら考えてしまうんです(笑)。それで、歌詞がポーンと抜けたり、1番なのに2番の歌詞を歌ってしまったり。

他にも、ちょっとしたアクシデントがあったので、曲を途中で止めて「もう一回やり直そう!」というところもありました。でも、15年やってきたからこそ「このまま行っても駄だ、一回止めよう」と判断できましたし、それをお客さんも「やり直すんだね (笑)」みたいにアクシデントさえも楽しんでくれる、angelaの全てを見に来てくれて好きでいてくれる人たちが集まった間だったなと思います。今まで15年培ってきた経験…歌詞を間違えておいて“経験”と言うのもおかしいですが(笑)、そういったものが全て詰まった、本当に幸せな時間でした。

KATSU:今回は15周年記念ということで、angelaデビューしてから15年間で出会った人たちのを演出に取り入れようと思いました。そこで、5枚アルバムmirrorge」(2011年)のジャケット撮影などでお世話になった、“ミラーボラー”というアート集団の方々にお掛けして。ステージ後ろの広場にミラーボールを複数置いてライトアップしてもらい、それとangelaコラボという感じで「2つの作品を一緒に見せる」という演出だったのですが、言葉では説明できないようなファンタジーさがありました。あまりに美しくて、撤収した時の虚無感もすごかったです(笑)

KATSU「atsukoさんのことを「太陽」と呼ぶように (笑)

atsuko:この日は前々からずっとの予報だったんです。だと単純にテンションが下がりますし、もし当日が降ったらステージの後ろも閉めたままになっていたので、ミラーボールも見せられない、花火も上げられないということで、実は用意していたことが全部表現できないという状況に陥る一歩手前だったんです。それが、当日は快晴富士山も見えて。「私たち、持ってるな~」と思いました(笑)

KATSU:その日からみんな、atsukoさんのことを「太陽」と呼ぶようになりました(笑)

でも、確かにも当日までを心配していました。演出として、最初は後ろも天井フルオープンの状態で自然の中でのangelaを見てもらい、その後それらが一度閉まり太陽が沈んで、もう一度開いた時に色が違う、ということをやりたくて。でも、そのプランだと全部駄になってしまうので。セットリスト晴れイメージして構成していましたし。

それで、肝っ玉の小さい天気予報アプリを2個入れてチェックしていたのですが(笑)、2個とも当日はでした。それが2個とも前日のにころっと変わって、“明け方に少し降るけど、からは晴れ”といった予報になっていて。「嘘つき!」と思って2個ともぶち消しました(笑)

atsuko:アンインストールしましたか。

KATSU:“ぼくらのアンインストールでした(笑)

atsuko「『会場の魅を最大限に引き出してくれた』と言われ、うれしかった」

KATSU:この河口ステラシアターは、日野外大音楽堂などとべてしまうと知名度の低い会場だと思うんです。やはり都心から日帰りでギリギリという距離もありますし。ただ、ここで1度でもライブをしたアーティストはその後何度もライブをするようになる、それだけの魅がある、といううわさを聞いていたんです。実際、らも13周年の時に初めてここでライブをした(※「デビュー13周年記念拡大版 全部が題歌ライヴ!!」2016年開催)のですが、全てが味方になってくれるという素らしさを実感しました。

それは、専用電車を走らせてくれたり、に垂れ幕を飾ってくれたりと、町全体がアーティストにすごく好意的でウェルカム状態なんです。ライブでの火や火の使用も、一応の制限はあるのですがその範囲内なら何をやってもよくて。こちらからの「○○はできますか?」といった提案もどんどん受け入れてくれますし、らも他の野外ステージ全てを知っているわけではないのですが、日本で一番すごい野外会場だと思いますね。

今回、会場までの電車アナウンスやらせていただいて。最初は「ご乗ありがとうございます」みたいな感じでしゃべっていたのですが、だんだんとエスカレートしていき「それでは次の曲です。みんなで歌ってください」と言ったら本当にみんなで大合唱になりましたね(笑)共の乗り物で歌を歌うなんてカオスですが(笑)、それすらも許してくれる、ステージだけではなくそこに集まるまでの環境も含め、ステラシアターはすごいと感じました。理想がステージです。

atsuko:ライブ後には、会場を管理されている方とお話しする機会がありました。その方はステラシアターで行われた数々のライブを見ていらっしゃると思うのですが、「この会場の見せ方や使い方を、これまでで一番、最大限に引き出してくれたライブでした」と言われ、すごくうれしかったです。オープンから20年以上経っている会場ですが、ステージ後ろの広場までもセットの一部として利用する方はあまりいらっしゃらなかったらしく、「設計者が描いた『こうあってほしい』というものを全てやってくれたのがangelaさんです」と言われたので、感量でしたね。(ザテレビジョン

ニューシングル「SURVIVE!」を7月18日(水)にリリースするangelaへのインタビューを連続掲載!