イスナーのファンサービスを大会公式が称賛「たとえ劇的敗退の後であっても」

 テニスの4大大会第3戦ウィンブルドンは15日、男子シングルス準決勝でケビン・アンダーソン(南アフリカ)がジョン・イスナー(米国)を7-6、6-7、6-7、6-4、26-24で下し、初の決勝進出。実に99ゲームで決着した試合時間はグランドスラム史上2位の長さとなる6時間36分だったにも関わらず、勝ったアンダーソンとともに敗れたイスナーが試合後にコート上でファンサービスを実施。“神対応”の様子を大会公式が公開し、海外ファンから「紛うことなき一流」「なんたる紳士」と感動を呼んでいる。

 どんなに体は疲れていても、6時間36分に渡って熱戦を見守ってくれたファンの思いに応えたかった。イスナーが敗戦後、粋な振る舞いを見せた。

 コートからの去り際。イスナーは客席の最前列に歩み寄った。ファンから紙を受け取るとペンでサインを次々と記していく。表情はぐったりと疲れている。今すぐにでも控室に戻って体を休めたいはずだろう。それでも、ウィンブルドンのセンターコートを戦う者として、最後までテニス選手としての矜持を示した。そんな思いを理解するファンも大きな拍手とともに見守っていた。

 大会公式ツイッターは動画付きで「ファンのための時間。たとえ劇的敗退の後であっても」とつづり、イスナーに対して拍手の絵文字とともに喝采を送った。映像を観たファンも感嘆の声を続々と上げた。

ファン感嘆「素晴らしい姿勢、模範だ!」

「なんたる紳士」
「素晴らしい姿勢、模範だ!」
「二人とも真摯、真のスポーツマンだ」
「よくやった!」
「紛うことなき一流」

 このようにコメントが殺到し、ファンの心を掴んだ様子だった。試合後にはコート上で抱擁を交わし、感動を呼んでいたイスナーとアンダーソン。勝者と敗者に分かれたが、その振る舞いで大きな称賛を浴びていた。(THE ANSWER編集部)

ジョン・イスナー【写真:Getty Images】