アップルは2018年モデルとなるMacBook Proの新型を発表しました。周辺機器で外付けGPU「Blackmagic eGPU」を組み合わせることでグラフィック性能を大幅に向上し、HTC Viveが動作可能になります。

パフォーマンスの向上

現行モデルと同じくRetinaディスプレイの備えた13インチモデルと15インチモデルの2サイズのラインナップ。第8世代のINtel 6コアおよびクアッドコアプロセッサを搭載しています。メモリは最大32GB搭載可能、CPUは最大の4.8GHzのTurbo Boost可能などとパフォーマンスの高さを売りにしています。TouchBarは、13インチに搭載モデルと非搭載モデルがありますが、15インチは全てのモデルに搭載されています。

新型MacBook Proの各モデルのスペック詳細確認・購入は公式サイトにて可能です。

ゲームエンジンUnityの動作速度が向上していることを示すグラフ

グラフィックスは外付けGPUでさらに強化

MacBook Proのグラフィックスは同時に発売される外付けGPU(eGPU)でさらに強化されます。国内発売されるのは、Blackmagic Design社の「Blackmagic eGPU」です。価格は89,800円(税別)です。

「Blackmagic eGPU」は、Thunderbolt 3ポートを備えたMacに対応しており、AMD社のRadeon Pro 580グラフィックプロセッサ(8GB GDDR5メモリ搭載)を内蔵しています。

Radeon Pro 580はPC向けのVRヘッドセットを動作させる「VR対応」です。そのため、「Blackmagic eGPU」を使うことでMacBook ProをVR対応させることができます。

なお、MacにはHTC Viveが公式対応しており、Oculus RiftやWindows MRは対応していません。

アップル公式「Blackmagic eGPU」購入サイト

Blackmagic eGPU スペック

GPU

Radeon Pro 580(8GB GDDR5メモリ搭載)

※GPU詳細
ビデオメモリー8 GB
計算ユニット 36
ストリームプロセッサー 2304
テクスチャーマッピング・ユニット 144
ラスターオペレーション・パイプライン 32
ベースクロック 1200 MHz
メモリクロック 1693 MHz
メモリーバス幅 256-bit
メモリーバンド幅 217 GB/s

接続

●HDMI
HDMI 2.0ポート x1。スクリーン解像度60fpsのUltra HDおよび4K DCIまで対応。

●Thunderbolt
Thunderbolt 3 USB-Cポート(85Wホスト充電機能) x2

●USB
USB-Aポート x4。USB 3.1 Gen1データレート、それぞれ1.5Aまでの充電電流に対応。

OS

macOS 10.13.5 High Sierra
またはそれ以降のバージョン

電源

内蔵100-240V AC x1、50/60Hz

使用電力

315W

サイズ

294.4mm×176.9mm×

同梱物

Blackmagic eGPU
Thunderbolt 3ケーブル(0.5m)
電源ケーブル(1.8m)