映画『志ちゃんは自分の名前が言えない』の初日舞台挨拶が、7月14日新宿武蔵野館で開催され、W演を務めた南沙良と珠、共演の萩原利久、湯浅監督原作者の押見修造が登壇。南は「私にはたくさんのコンプレックスや嫌な部分があったけど、この作品に出会えて、自分の嫌な部分とどう向き合うか、帰る場所を見つけるか、のほうがずっと大切なんだと気づけた。そのきっかけをくれた作品です」と熱い思いを口にした。

【写真を見る】南沙良や蒔田彩珠、制服姿の全身ショットがまぶしい!

本作で南が演じたのは、吃音というコンプレックスを抱えた大島役。ある日、ギターは弾けるが音痴である岡崎加代(珠)と出会い、次第に心を開いていく。萩原空気の読めない同級生菊地強役を演じた。

南は「原作を読むまで、吃音の存在を知らなくて。実際に吃音の方にお話を伺ったりして、吃音がどういうものなのかと理解を深めるところから始めました」と役作りについてった。

また、志と交流していく加代役を演じた田は「志の言葉とか気持ちとかを最後まで待つようにしました。人一倍、志の気持ちをくんで関わっていこうと思いました」と言って、南と顔を見合わせた。

自身の体験を織り込んだという原作者の押見は、南がクライマックスで見せる涙の演技を「すばらしい」と絶賛する。「みなさん、本当に生々しいというか、ドキュメンタリーを観ている感じがした。感動的でした。100点以外、言いようがない」と言うと、湯浅監督は「見出し、決まりましたね」とうれしそうに笑みを浮かべた。(Movie Walker・取材・文/山崎 伸子)

『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』で主演を務めた南沙良