西日本豪雨の犠牲者は14日、200人を超えた。毎日新聞の午前11時現在の集計では、14府県で死者は202人に達した。安否不明者も依然として4県で40人いる。発生から1週間以上がたつが、人的被害は今も増え続けている。一方、被災地では猛暑日になる予想が出ており、熱中症が疑われる人の搬送が相次いでいる。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら