Amazon Prime Videoで人気の恋愛リアリティ番組『バチェラー・ジャパン』の最新作となるシーズン3の製作が13日、東京・羽田空港で行われたAmazon「プライムデー2018」記者発表会で明らかになった。詳細は後日発表。三代目バチェラーと女性参加者の募集も公式サイトでスタートした。

1人の成功した独身男性(バチェラー)が、20名の女性の中から運命の恋人を選ぶ「台本なし・やらせなし」の恋愛リアリティ番組。この日、シーズン2の最終カップルとなったバチェラー・小柳津林太郎さんと倉田茉美さんにとって初の公の場となり、2人は順調交際をアピールすると共に、次回作の発表を受けて小柳津さんは「めちゃくちゃうれしいです」と喜びをあらわにした。

シーズン3の応募者に向けて、小柳津さんは「これ以上ないくらい、人と人が向き合う尊い時間を過ごさせていただきました」「勇気を持って楽しんでいただければ」とメッセージ。倉田さんも「本当に過酷なロケなんですけど、自分の気持ち次第で楽しくも悲しくもなる旅だと思うので、自分のメンタルを鍛えながらステキな恋愛をしてほしいなと思います」とエールを送る。

発表会後、インスタグラムを更新した倉田さん。「3代目バチェラー、参加したい女の子、参加できた女の子には心からのエールを送りたい! とにかく何か一つ本当の気持ちを持って参加してほしい。その先に必ず見える世界があると願いたいので」「自分にしかない、自分の中にある、サムシング・エルス (Something Else) 『何か他のもの』『格別に素晴らしいもの』を見つける旅になればいいな」と正直な思いをつづった。

倉田さんは京都在住のイラストレーター。これまで好きになった人には浮気をされたり、遠くに行かれたりと不運な恋愛が続いたが、「自分のせいと思ったから経験してよかった」と前向きに捉え、思い切って応募した。こうして結ばれた今、「ものすごく仲良くやってます」「本当にここからかなと思っているので、とにかく楽しんで」と幸せそうに話し、小柳津さんとの新たな一歩を踏み出している。

画像提供:マイナビニュース