準決勝第1戦のマラソン試合を待つ様子を動画公開、海外ファン「この試合より面白い」

 テニスの4大大会第3戦ウィンブルドンは15日、男子シングルス準決勝でケビン・アンダーソン(南アフリカ)がジョン・イスナー(米国)を7-6、6-7、6-7、6-4、26-24で下し、初の決勝進出。実に99ゲームで決着し、グランドスラム史上2位の6時間36分の試合時間は次の試合で控えていたノバク・ジョコビッチ(セルビア)に影響したが、ロッカールームでは意外な方法で時間潰しを敢行。自身のインスタグラムに動画付きで公開し、米メディアも特集。ファンは「この試合よりおもしろい」と喜んでいる。

 待てども待てども試合は始まらない。ラファエル・ナダル(スペイン)との準決勝第2試合を待つジョコビッチは、何をして過ごしていたのか。自身のインスタグラムに動画付きで公開している。

 ロッカールームの床に座り、長い足を大きく広げたジョコビッチ。右手に持っているのはビー玉だ。そして、2、3個床に置くと、手に持った1つを上に放り投げ、その間に転がっている2、3個を拾ってキャッチしようと試みた。投げた1つはしっかりと収めたが、床に1つ残ってしまっていた。「Ahhhhhh!」と声を上げ、悔しがっている。

 アンダーソン―イスナーの一戦の終わりを待つ間の出来事。ユニークな動画を米スポーツ専門誌「スポーツイラストレイテッド」公式ツイッターが引用し、「一方、ウィンブルドンのロッカールームでは…」とつづり、公開している。

ファンも大喜び「ジョコビッチはクールな奴だ」、米メディアも特集

 元世界1位のおちゃめな姿に、映像を観たファンも大喜び。「ハ! 子どものころよく遊んだ…反射神経のためになるよ」「この試合より面白い」「ジョコビッチはクールな奴だ」などとコメントが続々とつけられていた。

 また、米全国紙「USAトゥデー」も「イスナーとアンダーソンのマラソンマッチの間、ノバク・ジョコビッチはどう時間を過ごしたか」と題して特集している。

「イスナーとアンダーソンの試合が5セット目の40ゲーム目に差し掛かろうかとするとき、ロッカールームのジョコビッチはビー玉で遊んでいた」と紹介していた。

 結局、50ゲーム目で決着し、ようやく行われた第2試合は第3セット終了時点で午後11時を越えてサスペンデットとなり、翌日に持ち越された。もう“ビー玉遊び”をすることなく、次戦はテニスに集中できる。(THE ANSWER編集部)

ノバク・ジョコビッチ【写真:Getty Images】