2018 FIFAワールドカップ ロシアは14日に3位決定戦が行われる。“銅メダル”を賭けて戦うのは、ベルギー代表とイングランド代表。両チームは今大会のグループステージで対戦し、6月28日に行われた一戦ではベルギーが1-0の勝利を挙げた。

 一部では不要論もささやかれる3位決定戦だが、ベルギーロベルトマルティネス監督が「W杯を3位で終えるのは何度もあるようなことではない」と話すように、単なる“消化試合”で終わる可性は低い。実際、ベルギーは勝てば、1986年大会の4位を上回る最高成績となる。1966年大会で優勝を飾ったイングランドにしても、W杯の3位はこれまで一度も経験がない。「史上最高」か「史上初」か。フィナーレを勝利で飾りたい両チームによる熱戦が繰り広げられることだろう。

 もっとも、欧州の代表チームW杯を3位で終えた場合には、ある不吉なジンクスが存在する。それが、「W杯3位に入った欧州チームは、2年後に行われるユーロ本大会の出場率が非常に低い」というものだ。以下、過去の結果を並べてみる。

W杯3位に入った欧州チームの2年後のユーロの結果
ユーロの第1回大会は1960年に開催

1958年W杯の3位:フランス
ユーロ1960の結果:出場(4位)

1962年W杯の3位:チリ
UEFA管轄外

1966年W杯の3位:ポルトガル
ユーロ1968の結果:不出場(予選敗退)

1970年W杯の3位:西ドイツ
ユーロ1972の結果:出場(優勝)

1974年W杯の3位:ポーランド
ユーロ1976の結果:不出場(予選敗退)

1978年W杯3位:ブラジル
UEFA管轄外

1982年W杯の3位:ポーランド
ユーロ1984の結果:不出場(予選敗退)

1986年W杯の3位:フランス
ユーロ1988の結果:不出場(予選敗退)

1990年W杯の3位:イタリア
ユーロ1992の結果:不出場(予選敗退)

1994年W杯の3位:スウェーデン
ユーロ1996の結果:不出場(予選敗退)

1998年W杯の3位:クロアチア
ユーロ2000の結果:不出場(予選敗退)

2002年W杯の3位:トルコ
ユーロ2004の結果:不出場(予選敗退)

2006年W杯の3位:ドイツ
ユーロ2008の結果:出場(準優勝)

2010年W杯の3位:ドイツ
ユーロ2012の結果:出場(ベスト4)
*3位決定戦は開催されず

2014年W杯の3位:オランダ
ユーロ2016の結果:不出場(予選敗退)

 上記のとおり、W杯で3位にいた欧州チーム1958年大会以降13チームあるのだが、そのうち2年後のユーロで本大会出場を果たしたのは4チームしか存在しない。確率にして31という非常に低い数字になる。

 前回のブラジルW杯ではオランダが3位に入ったが、2年後のユーロ2016では予選敗退となった。ユーロ2016からは、本大会の出場が16カから24カに拡大されたが、オランダもまたこのジンクスの犠牲者となった。

 一方、W杯3位の欧州チームが2年後のユーロ本大会に出場した場合には、必ずベスト4以上の成績を残しているという興味深い現もみられる。過去4回のケースのうち3回は、ドイツ西ドイツ)が成し遂げたものだった。彼らにとって、W杯3位はその後の成功を保するものであるようだ。

 ベルギーは“世代”と呼ばれ、イングランドも新世代が次々に台頭。この先1、2年で、チームが急に低下するとは考えにくいが、2年後のユーロを見据えると、W杯を3位で終えることが必ずしも“成功”というわけではなさそうだ。

 果てして、この数奇なめぐり合わせは今後も続くことになるのか。3位決定戦の勝者については、この先の動向にも注してみると面いかもしれない。

(記事/Footmedia

3位決定戦で対戦するベルギーとイングランド [写真]=Getty Images