選手会企画記者会見で7選手が懐かしのユニ姿に

 日本ハム中田翔内野手が13日、自身のインスタグラム更新し、懐かしい高校時代のユニホーム姿を開した。同日に行われた日本プロ野球選手会による高校野球100回記念大会応援企画高校野球らの原点だ」の記者会見に出席した中田は、登壇した7選手による集合写真を「今日は、久々にこのユニホームを着て記者会見!! 懐かしいなぁ!!^^」と伝えた。

 記者会見には、大阪桐蔭出身の中田に加え、中日大島洋平栄)と福田永将横浜)、西武増田達至学園・現開)、オリックスT-岡田(履正社)、阪神梅野隆太郎福岡大城東)、日本ハム中島卓也福岡工)の7選手が、校のユニホームを着て出席した。

 中田は7人で撮った写真開。「Tさんも歳とりましたね!笑 たくだけはまだ高校生でもいけそうやな^-^」との言葉を添えると、ファンから感コメントが殺到した。

「良い写真!」
「みんなカッコイイ
さんも高校生いけますよ」
「06年横浜大阪桐蔭を思い出します」
佐野日大戦の2打席連続ホームラン生で観ました! あの感動は今も覚えています」
「懐かしい!」
息子に同じユニフォーム着せたいです」
「みんないい顔。高校生に戻ってる」

 今年で100回を迎える夏の甲子園の思い出は、プロ野球選手の胸にも深く刻まれているようだ。(Full-Count編集部)

日本ハム・中田翔【写真:荒川祐史】