声優山寺宏一が14日、TOHOシネマズで行われた『劇場版ポケットモンスター みんなの物語』の開記念舞台あいさつに出席し、21にして初めてピカチュウからほめられたことを明かした。この日は川栄李奈濱田岳、大倉孝二、野沢雅子中川翔子松本梨香という声優と、矢哲生監督も登壇した。

 フウラシティにたどり着いたサトシピカチュウの姿を描く本作は、劇場版ポケモンシリーズ21弾。サトシ役の松本は満席の会場を見渡すと「ハラハラドキドキワクワクしながら今日を迎えたんですが、これだけたくさんの皆さんが観に来てくださって、暑いポケモンと一緒に過ごしてくださっている」と喜び、サトシで「ポケモン!」と叫ぶと、客席は「ゲットだぜ!」の大合唱。会場からは「似てる!」というちゃちゃも飛び出したが、松本は「『似てる』じゃないよ。本物ですから。20年やって去年、子供たちが『うまい』と言ってくれるようになったので、『似てる』じゃなくて『うまい』と言ってください」とお願いし、会場を笑いに包んだ。

 さらに21年連続でゲスト声優を務める山寺は「毎回違う役なので、新作に挑むつもりでドキドキなんですよ。でも今回初めて終わった後にピカチュウから『市長オリバー市長役)が良かったよ』的なことを言ってもらえたんですよ。ね、ピカチュウ、ほめてくれたよね!」と確認すると、ピカチュウは「ピカピーカ!」と反応。「オリバー市長のどの辺が良かったの?」との問いかけには、「ピカ、ピカピカ! ピーカピカチュウ!」と返答するピカチュウ。その言葉を理解した様子の山寺は「ああ、そこら辺かやっぱり!」とうれしそうな表情を見せるも、松本からは「違うよ、お世辞だよ」とツッコまれていた。

 栄は今回ポケモン映画に参加して、「小さい頃はポケモン映画勇気をもらっていたのに、大人になってからは観てこなかった。今まで何で観てこなかったんだろうと思いましたね」と大人も楽しめるクオリティーだとコメント。同じくポケモン世代だという濱田も「子どもの頃に憧れていた世界にちょっとでも関わることができて感動しましたね。を録っている時にピカチュウが聞こえてきて。ピカチュウがしゃべっていると思ったら心がザワザワしてしまい、セリフをかむという……。うれしかったですね」とそれぞれに感した様子だった。(取材・文:壬生智裕)

劇場版ポケットモンスター みんなの物語』は開中

公開記念舞台あいさつに出席した松本梨香、野沢雅子、中川翔子、山寺宏一