TBS系では10月から、有村架純主演ドラマ「中学聖日記」(毎週火曜夜10:00-11:07)の放送が決定した。

【写真を見る】原作はかわかみじゅんこの同名漫画

原作は女性向け漫画雑誌「FEEL YOUNG」(祥伝社)で連載中のフランス在住の漫画家・かわかみじゅんこの同名漫画。ドラマは、有村演じる片田舎の中学校の教師・末永聖が、婚約者がいながらも10歳年下の中学生・晶に惹かれていく姿を描くヒューマンラブストーリーだ。有村は、NHK連続テレビ小説「ひよっこ」(2017年)以来、約1年ぶりのドラマ出演で、TBSの連続ドラマでは今回初めて主演を務める。

また、本作のプロデュースを手掛けるのは、2018年1月期に放送し話題となったドラマ「アンナチュラル」(TBS系)でプロデューサーを務めた新井順子氏が、さらに、演出を務めた塚原あゆ子氏が今作でも演出を担当。

2人の男性の間で揺れ動き、己の恋心を必死で抑える聖をどのように描くのか今から注目が集まる!

■ 有村架純コメント

一言で表すと、新感覚。言葉にしようとすると、難しいです。ガラスを扱うような、そんな感覚。「中学聖日記」は、青春の1ページでは終わらない、壮大な恋愛物語だと思います。参加を決めてから今までの間で、作品についてスタッフさんと話し合いながら、いろんな時間を過ごしました。そして、今のタイミングでこの作品、キャスト、スタッフの方々と出会えたこと、とてもうれしく思います。どんな 3 ヶ月になるか、楽しみで仕方ありません。

生徒と教師の禁断な恋愛ではありますが、爽やかな作品を目指して、切なさやずるさ、もどかしさを含めて、見てくださる方々の心を揺さぶる良い作品を作ります!

私が演じる聖は、一生懸命さが空回りする不器用なところがありながらも、ひたむきに教師という仕事と向き合っている女性です。思いがけない相手に惹かれていく役柄ではありますが、彼女と一緒に苦しみ、もがき、全力で生きたいと思います。監督はじめ、キャストスタッフの皆さんと、精一杯頑張りますので、皆さん、禁断の恋に、ハラハラ、ザワザワ、ジワジワ、ドキドキしてください!(ザテレビジョン)

ドラマ「中学聖日記」(TBS系)で主演を務める有村架純