現在第3子を妊娠中の大渕愛子弁護士(40)だが、ブログに寄せられた“かなりインパクトのある”コメントが「あまりにも酷すぎる」と大きな反響を呼んでいる。読者からは法的な対処をすべき、スルーしたほうが良い―と様々な意見が寄せられている。

20日に更新された『大渕愛子オフィシャルブログ』で、同日に寄せられた「不妊症高齢出産帝王切開そして…」と始まるかなり長文のコメントが公開されている。差別用語もあり、かなり悪質な誹謗中傷文だ。

このコメントについて、大渕愛子弁護士は「みなさんと共有したい」「同じようなコメントを受けたことのある方はいらっしゃいますか?」と問いかけているので、情報収集の狙いもあったのだろうか。また「“血糖検査の結果…”のブログに、同じ方から、こちらのコメントがありました」と、もう一つのコメントも掲載。そして「今後同じような発言を受ける人たちのためにも、このような発言については、然るべき責任を取ってもらう必要があるのかなと思っています」と警告している。

この日のブログには「こういう人は法的に懲らしめてやって欲しい」「また誰かに腐ったコメントするでしょうから許しちゃいけない」「弁護士魂で制裁してやって下さい」と法律家として然るべき処置を求める声が多い一方で、「無視するのが一番だと思います」「スルーするのがベストです。出産までゆっくり穏やかにお過ごし下さい」「こういう人は無視するに限ります。相手にすると調子にのるかも」という意見も少なくない。

その後、21日に更新したブログで大渕愛子弁護士は「時間や労力の問題があるので、タイムリーにできるか…というところですが、早めに時間を作り、まずは警察に相談したいと思います」と報告している。

画像は『大渕愛子 2018年7月20日付オフィシャルブログ「すごいコメント!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 みやび)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト