TMPL
CEKAI(セカイ)南安精工が共同でウォッチデザイン歴史を現代に復刻していく腕時計ブランドTMPL」(テンプル)を立ち上げ。7月18日)からクラウドファンディングサイトGREEN FUNDING内「Show Boat」にて、ファーストモデルとなる「1910S-CG01」、「1910S-SS01」の先行販売を開始。 TMPLは、プロダクトデザイナー早川(CEKAI)と、時計の名産地・長野県30年以上にわたり時計の製造に携わってきた南安精工が出会ったことで生まれた、これまでにない新しい腕時計ブランドです。 腕時計が世の中に広がってから100年あまり、各時代の腕時計にはその時代に起こった出来事や時代性がデザインとして織り込まれています。 TMPLでは、ウォッチデザインを「その時代を徴する歴史・文化の結晶」として捉え、単体の時計ブランドの製品を復刻するのではなく、各時代の腕時計デザインを独自の切り口で再編集し、現代に高い品質と適正価格で復刻していくそうです。 TMPL TMPL ファーストモデルの「1910S-CG01」、「1910S-SS01」では、腕時計明期となる1910年代のウォッチデザインが復刻。 100年前の腕時計に見られる厚なフォルムや文字盤、徴的な針の形を再編集し、現代的なサイズバランスの中に落とし込んだデザインが特徴。 いずれのモデルも性別や年齢、シーンを問わず着用いただける普遍的なデザインに仕上げられており、それぞれケース文字盤の組み合わせが異なるカラーバリエーションも用意されています。

PRODUCT INFORMATION

TMPL「1910S-CG01」 TMPL「1910S-SS01」

TMPL 7月18日)より クラウドファンディングサイトGREEN FUNDING内「Show Boat」にて先行販売開始 詳細はこちら

Copyright (C) Qetic Inc. All rights reserved.