千葉テレビの夏イベント「スマイルfestivalちば2018~華麗なるチバテレ夏祭り~」(スマフェス)が7月21日、22日に千葉・海浜幕張駅南口駅前広場で開催され、22日にチバテレ終身名誉応援団長・JAGUARが登場した。

【写真を見る】JAGUARウェイに乗って会場入りしたJAGUAR

買い物客の他、さまざまなイベントが重なり、人の波でごった返す駅前広場に、JAGUARウェイに乗って人込みをかき分け進むJAGUARが登場。ステージ前には、JAGUARを一目見ようと多くの観客が集まった。

「JAGUARはジャガー星という星から来たのでございます。宇宙船からJAGUARウェイという新型なんですけど、乗り物で到着したわけでございます。特殊な空気エンジンで動くのでございます」と、宇宙船からJAGUARウェイに乗り換えてきたと説明。

そして、「一昨日の夜に完成したばかりの曲でございます。全宇宙に先立ちまして歌います」と、今回のイベントのために2カ月かけて作ったという「華麗なるJAGUARカレー」を披露。「ヘビメタっぽくアレンジをだいぶ変えたんですけど、こういう曲調は初めて」という新曲で集まったファンを歓喜させたが、「(実際に)JAGUARカレーを売っていますので買ってくださ~い。本日だけの即売でございます」と宣伝も忘れなかった。

また、「JAGUARは映画スターになりました。2本撮影が終わっていまして、1本はこれからクランクインするのでございます」と今年3本の映画に出演することと、今年の秋に新アルバムを発売すると発表。

さらに、「市川市のふるさと納税にご協力しております。皆さまが市川市にふるさと納税していただきますと、JAGUARのグッズがすぐに送られてきます」と、ジャガー星ではなく市川市を猛アピールしていた。

続けて、世間の風潮に合わせて作ったという「浮気しちゃだめよ!」を熱唱したJAGUARは、「暑いですね」と苦笑い。2017年の屋内ステージと違い、今回の野外ステージはさすがのJAGUARにもきつかったようで、何度も飲み物を口にしていた。

■ 吉川七瀬&大野舞がJAGUARシスターズに!?

その後、AKB48・吉川七瀬、シンガーソングライター・大野舞がステージへ。“お悩み解決のプロ”JAGUARに質問をぶつけた。

「どうしたらレジェンドのジャガーさんのような存在になれますか?」という大野の相談に、JAGUARは「無理です!」と笑い、「JAGUARの存在はJAGUARにしかできません。でも、似たようなことはできます。芸名を“ジャガ子”にするとか」と珍アドバイス。

吉川の「千葉県の有名なスポットをいろいろ皆さんに知っていただくようにアピールしているんですけど、お薦めスポットを教えていただきたいです」という質問には、「幕張メッセとかいいんじゃないかですか」と答え、さらに「あとは、千葉テレビというのがございます。あそこはタワーがそびえ立っていてすごいですよね」と続けたが、「千葉テレビ(の社屋)は2階建て。適当なこと言わないでください」とMCに叱られてしまった。

それでも、悩みは“解決”したという吉川と大野は「これからはJAGUARシスターズとしてJAGUARさんに付いていきます!」と宣言。

「いぇ~い!」と盛り上げたJAGUARだったが、イベント後の囲み会見では「ただご一緒しただけでございます。一切関係はございません。JAGUARはたった一人でございます」とつれない態度に。

「勝手にならせていただいただけ」と控えめな大野は、「(初共演して)オーラが違いました。シスターズとして後に付いていきたい」と、吉川も「ジャガーさんは千葉の有名人。またお仕事でご一緒できればいいなって思います。(シスターズとして)何か活動があればぜひ(笑)」と、今後の活動に向け意欲的だった。

また、JAGUARは地球の暑さについて「ちょっと暑いね」と言い、熱中症対策は「全然ないです」とのこと。ステージ上で飲んでいた水のようなものについては「ジャガー星から持ってきた特殊な水でございます。ただの液体でございます。何も味はありません」と説明。「地球の水と変わらない?」と聞かれると、「そうですね(笑)。でも、地球のものは体が受け付けないので」と苦笑していた。(ザテレビジョン)

JAGUAR(写真右)に悩みを聞いてもらおう乙、AKB48・吉川七瀬(写真左)、大野舞がステージへ