(©ニュースサイトしらべぇ)

仲間・友人が集まると、「人の悪口」につい華が咲いてしまうことは珍しくない。

8日深夜放送『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)で、マツコ・デラックス(45)・有吉弘行(44)が「悪口」の重要性を熱弁。多くの視聴者から共感の声があがっている。

■悪口を言わない人は信用できない

「人の悪口を言いあうのは重要。頑なに悪口を言わない人はコミュニケーションが取りづらい、信用できない」と悩む投稿者。番組の調査によると70.3%が「悪口を言わない人を信用できない」と判明した。

これを受け、「我々は悪口を言わないと生きていけない。悪口をお金に変えた人間」とマツコと有吉が持論を展開し始める。

■ネット書き込みにも言及

マツコが「(悪口を言わない)カマトトぶってるヤツが一番怖い。言わないのはどこかおかしい。人間は人の悪口を言う生き物」と断言すると有吉も同調。ネットの書き込みに話題が発展していく。

有吉が「ちょっとでも悪いことをしたら叩かれる。その反面、ネットとかで人の悪口ばっかりいってるじゃん」と主張すると、マツコは「あれが人間の本性。凄く人間っぽくてイイと思う」と熱弁。

ネットの書き込みが「悪口を言えない人のガス抜きになっている」とその重要性を説いた。

■悪口を言うために口がある

さらにマツコは「人間って悪口をいうために口がある」と前置き、ロケなどで訪れた場所から自分たちが去った後を想定しながらヒートアップしていく。

「『有吉さんカッコよかったね』『マツコさん面白かった』とか盛り上がってても、1人が『でもさ…』って切り出せば全員(悪口を)言い出す。『そうそう』『私も言いづらかったけど実はそう思ってたんだよね』ってなる」と想像を膨らませる。

有吉も「神様だって悪口言ってるから」とマツコの主張に共感しながら、「『何やってんだ空気悪いな、最近』とか」と神様を演じ、誰しもが悪口を言うと示した。

■視聴者共感

「いいのよ。人は悪口を言う生き物」と悪口を推奨した2人に、視聴者からも共感の声があがっている。

「信用できない相手の前だと悪口は言えない」との意見も多いため、相手が自分を信用しているかを測る意味でも「悪口」は重要なツールとなっているようだ。

■45.3%が「悪口を言いがち」

しらべぇ編集部が全国20~60代の男女1,343名を対象に「人の悪口を言うか?」調査。「よくする」「たまにする」を合わせて「人の悪口を言いがち」な人は45.3%と判明、過半数はあまり「悪口を言わない」傾向があるようだ。

201710120630_01(©ニュースサイトしらべぇ)

人の悪口は決して褒められたものではないが、「ストレスの発散」や「コミュニケーションの一環」として捉えられる部分もあり、単純に否定はできないだろう。

それでも、悪口は「人を傷つける」もの。度を過ぎた悪口に傷つき、最悪の結果に発展しうることも忘れてはならない。

・合わせて読みたい→安室奈美恵を見た子供たち 母親に放った「無慈悲な一言」に悲鳴が続出

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2017年7月14日~2017年7月17日
対象:全国20代~60代の男女1,343名(有効回答数)

有吉・マツコが「悪口の重要性」を説き共感集まる 「人間は悪口を言うために口がある」