台風13号は9日、房総半島沖から宮城県沖へと沿岸を北上し、暴風域がなくなった。10日未明には勢力を弱めながら東北沿岸から遠ざかり、同日夜に太平洋上で温帯低気圧に変わる見通しだ。台風の東側には発達した雨雲があり、海上は大しけの見込み。気象庁は東北の太平洋側は9日夜まで強い風に、10日明け方まで高波に警戒するよう呼び掛けた。

 日本航空と全日空の9日の国内線計30便余りが欠航するなど、空の便や鉄道などに影響が出た。

 台風13号は9日午後9時、宮城県石巻市の東南東約120キロの海上を、時速20キロで北北東に進んだ。中心気圧は985ヘクトパスカル、最大風速は25メートル、最大瞬間風速は35メートル。南東側440キロ以内と北西側280キロ以内が風速15メートル以上の強風域。

 東北では10日にかけて最大瞬間風速30メートルの風が予想され、波の高さは7メートルの見込み。