俳優でモデルの五十嵐麻朝さんが8月9日、芸能界から引退することを自身のブログで報告しました。「人生は一度しかなく、いろんな世界を経験したい、後悔したくないと考えました」と思いをつづっています。

【画像】五十嵐麻朝さんによる引退報告

 ファンや関係者へ向け、「14年間芸能界の道を歩んできましたが、芸能界を引退する事を決意しました」と報告した五十嵐さん。所属事務所と話し合いを重ねた末での決断だったようで、「いろんな可能性を提示して頂きましたが、円満に決めた事です」と伝えています。

 五十嵐さんは、8月11日から全労済ホール/スペース・ゼロで上演される舞台「炎の蜃気楼昭和編 散華行ブルース」に出演予定。ブログでは、「最後の舞台公演の前の発表になりますが、事後報告になるのが嫌で、このタイミングの発表にさせて頂きました」と報告のタイミングについても説明しており、「急な発表になりますが、これからは、別の形で皆さんの事を応援出来るような男になります!」と締めくくっています。

 また、舞台「炎の蜃気楼昭和編 散華行ブルース」の公式ブログでは五十嵐さんの引退宣言を受けて記事を更新。「ともに舞台を作ってきた仲間の引退は寂しいですが、本人が悩んで悩んで決めたことですので我々は笑顔で見送ろうと思います」と五十嵐さんの意志を受け止めつつ、「皆様、役者・五十嵐麻朝の最後の演技をどうか目に焼き付けてください」と呼びかけています。なお、「ご本人とも事務所様とも相談をしまして、千穐楽のカーテンコールでの特別なご挨拶などは行いません」としている他、チケットの高額転売が行われていることを受け「どうかそういった営利目的の転売チケットは購入されないようにお願い申し上げます」と呼びかけています。

五十嵐麻朝さん(五十嵐麻朝Instagramから)