フィンテック グローバルとムーミン物語は、埼玉県飯能市で開発中の施設「ムーミンバレーパーク」の開業日が2019年3月16日に決定したことを発表。また3つの展示施設「KOKEMUS (コケムス)」「おさびし山エリア」「ムーミン谷エリア」の最新情報を公開しました。

【その他の画像】ムーミンバレーパークのイメージ

 ムーミンバレーパークは、2社が2018年11月9日から順次開業する複合施設「メッツァ」のメイン施設2つの内の1つで、作者トーベ・ヤンソンによるムーミンの物語を主題とした施設。主にムーミン一家が暮らすムーミン屋敷や、物語を追体験できるアトラクションなどを体験できます。

 展示施設は大きく3つに分かれていて、まずフィンランド語で“体験”を意味する「コケムス」では、インタラクティブな体感展示スペースや常設展・企画展通じて、ムーミンの物語をより知ることができます。

 さらに北欧の輸入ムーミン雑貨を扱うショップやカフェ、さらにものづくり体験ができるワークショップルームに、作品の世界観を表現したレストランも。中には8メートル超のムーミン谷の巨大ジオラマや、フィンランドの「ヘルシンキ・アート・ミュージアム」からのアート作品なども展示されます。

 冒険と思索の山「おさびし山エリア」では、小説『ムーミン谷の仲間たち』より“しずかなのが好きなヘムレンさん”のストーリーをモチーフにしたアスレチックが登場。「かつて、遊園地で働いていたヘムレンさんが、遊園地が閉園したことをきっかけに自ら遊園地をつくってしまった」というエピソードに出てくるツリーハウスやつり橋、メリーゴーランド遊具などで実際に遊ぶことができます。

 アトラクションでは、森の中に張ったワイヤーを滑車で滑り降りていくジップラインを用意。往復約400メートルの宮沢湖面を滑空することで、小説『たのしいムーミン一家』に登場する黒ヒョウに乗って空を飛ぶキャラクター“飛行おに”のように風を感じる体験が楽しめます。

 最後の「ムーミン谷エリア」には、ムーミン谷の仲間たちも撮影に訪れるという設定の写真スタジオ「ムイック フォト」があり、キャラクターたちとの記念写真を撮ることができます。プロのカメラマンによる撮影サービスを用意し、思い出の1枚を残せます。

 ムーミンバレーパークの詳細は「メッツァ」公式サイトからチェックでき、公式Instagram(@moominvalleypark)でも最新情報が順次公開される予定です。

ムーミンたちとその世界を体験できる施設がオープン!