10日午前10時ごろ、群馬県の草津白根山付近の上空を飛行していた県防災ヘリコプター「はるな」が行方不明になり、午後3時ごろ、群馬、長野県境の山中で墜落しているのが見つかった。県所属の防災航空隊員ら計9人が乗っていた。11日開通予定の登山ルート「ぐんま県境稜線トレイル」の視察のため飛行していた。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

群馬県の防災ヘリが墜落した現場=群馬県草津町で2018年8月10日午後3時5分、本社ヘリから