自民党の石破茂元幹事長(61)は10日、衆院議員会館で記者会見し、9月の党総裁選に出馬する意向を正式に表明した。森友・加計学園問題など相次ぐ政権不祥事に批判が高まったことを踏まえ、信頼回復へ「国民本位の政治・行政改革」の断行を公約。安倍晋三首相(63)の政権運営を念頭に「正直、公正」を訴えた。

 総裁選への正式な立候補表明は石破氏が初めて。3選が懸かる首相は今月下旬に正式に出馬表明する方向だ。野田聖子総務相(57)は推薦人確保のめどが立っておらず、首相と石破氏の一騎打ちとなりそうだ。

 石破氏は会見で人口減少や東京への一極集中、厳しさを増す安全保障環境などの課題を挙げ、「日本の設計図を書き換えるには、政治が国民に誠実で謙虚で正直に勇気を持って真実を語る姿勢が必要だ」と主張した。

 「正直、公正、石破茂」と題する公約ビラも発表し、「国民の思いに近い政治」を取り戻すなどと強調。石破政権が実現した場合の100日プランとして「官邸の信頼回復」や「国会運営の改善」などを掲げた。今後30年の社会・経済発展に向けた長期ビジョンを策定する考えも示した。

 憲法改正については会見で、参院選挙区の合区解消と緊急事態条項の創設を優先事項に列挙。9条改正は「国民の深い理解が必要だ」と述べ、慎重な議論を求めた。9条1、2項を維持して自衛隊根拠規定を設ける首相案に対抗し、戦力不保持の2項削除論も展開。また、持論である地方創生に軸足を置いた「アベノミクス」の修正を主張した。具体的な政策は改めて説明する。

 首相の総裁任期満了に伴う総裁選は9月7日告示、同20日投開票となる見通し。石破氏は自身が率いる石破派(20人)と参院竹下派(21人)の大半の支持を取り付けた。今後は他の国会議員や党員・党友の「地方票」の取り込みを図る。 

〔写真説明〕自民党総裁選への出馬を表明する石破茂元幹事長=10日午後、東京・永田町

自民党総裁選への出馬を表する石破茂元幹事長=10日午後、東京・永田町