トランプ米政権は9日、宇宙軍を創設して中露両国の軍備強化に対抗する方針を打ち出した。中露両国は米国の宇宙空間での優位性を覆そうと、衛星攻撃兵器(ASAT)や、宇宙空間をマッハ5以上で飛行する新型の極超音速(ハイパーソニック)兵器の開発を進め、米国への脅威が高まっているという危機感があるためだ。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら