快眠の鍵、メラトニンとセロトニンとは?

筋トレのおともというイメージが強いプロテインが、なぜ快眠をサポートしてくれるのか。佐藤さんによれば、快眠のしくみに、プロテインの成分が深くかかわっているのだという。

「私たちが夜に自然と眠くなるのは、睡眠ホルモンとも呼ばれる『メラトニン』のおかげ。メラトニンには体内時計をリセットする作用があるのです。このメラトニンを生成するために必要なのが、『セロトニン』というホルモンです」(佐藤さん、以下同)

セロトニンの分泌は、基本的に起床時から日没まで。この間に活発に分泌させなければ、メラトニンの生成が少なくなってしまうというわけだ。

「セロトニンは体内で貯蔵できない為、食事からの摂取が不可欠となります。生成に必要な栄養素は、トリプトファン、ビタミンB6、炭水化物の3つ。これらを簡単に補えるのがプロテインというわけなのです」

睡眠30分前〜1時間前に摂取しておくのがベスト!

快眠の助けにもなるというプロテイン。ここでポイントとなるのが、摂取のタイミングだ。メラトニン生成のしくみを考えれば、日中の摂取がベストということになるが、佐藤さんによれば、睡眠の30分〜1時間前に摂っても、ある程度の効果は期待できるという。さらに、就寝前のプロテインの効果を、高める摂取方法もあるそう。

「プロテインにはホエイプロテインとカゼインプロテインがあります。アミノ酸の血中濃度を長時間高め、よりプロテインの効果を高めるには、ホエイプロテインに良質な油(シソ油、オリーブオイル、亜麻仁油など)を大さじ一杯加える、または食物繊維と一緒に摂取するのが良いでしょう。成長ホルモンの働きを促す効果も期待できます。夕食を食べる暇もなく忙しい人や、ビルドアップしたい男性にも、プロテインはオススメですね」

プロテインだけじゃなく、固形物でもタンパク質をとるように!

このように、特に男性にとっては良いことずくめに思えるプロテインだが、もちろん万能ではない。最後に、快眠のためにプロテインを摂取する際の注意点を聞いた。

「快眠の助けになるとはいえ、プロテインはあくまで栄養補助食品。快眠にもっとも大切な体内時計を適切なタイミングでリセットさせるためには、生活リズムを整えることが先決です。寝る前のスマホは避ける、朝起きたらカーテンを開けて陽の光を浴びるといった習慣も、きちんと心がけてください」

最後にアドバイザーからひと言

「運動、栄養、休養。リカバリーをしっかりしてベストなコンディションで朝を迎えましょう!」

pixta_18159047_S(1)