ファンデーションで隠したはずなのに毛穴の目立ちが気になる…

ファンデの毛穴落ち対策はメイク前のケアと下地の塗り方が大切!

ファンデーションで毛穴をカバーしたつもりが、毛穴が余計に目立っていると落ち込んでしまいますよね。これは、開いている毛穴にファンデーションが入り込み、ポツポツと毛穴が目立って見えてしまう毛穴落ちかもしれません。毛穴落ちの原因を知って、崩れないベースメイクのポイントをおさえましょう!

関連画像をもっと見る

毛穴落ちの原因とファンデーションを綺麗に乗せるコツ

ファンデの毛穴落ち対策はメイク前のケアと下地の塗り方が大切!

毛穴落ちとは、皮脂が詰まって広がった状態の毛穴に、ファンデーションが埋まることが原因だと言われています。ファンデーションをつけた直後は毛穴がカバーできていても、時間が経って皮脂が分泌されると小鼻などの毛穴が目立ち、毛穴を隠そうとしてファンデーションを重ねてしまうと余計に目立ってしまうので要注意。 厄介な毛穴落ちを解消しつつ、綺麗な肌に見せるベースメイクを完成させるには、丁寧な洗顔と保湿、そして化粧下地を正しい方法で塗ってフラットな肌にしておくことがポイントです。 まず、たっぷりの泡で顔を包み込むように洗顔をし、余分な皮脂を洗い流します。すぐにブースターを馴染ませてから化粧水をたっぷりつけて乳液を薄く伸ばし、丁寧なスキンケアで肌に潤いを届けましょう。 乳液は塗りすぎると油分によりベースメイクが崩れやすくなるため、軽くティッシュでオフしてからベースメイクに取り掛かります。 毛穴落ちを防ぐために必要不可欠な化粧下地ですが、なるべくサラッとして密着度が高く、皮脂をコントロールしてくれるものがおすすめです。化粧下地は、毛穴の凹凸を目立たなくさせ、肌の表面をなめらかに整えてファンデーションの密着度を高める上に、毛穴に溜まるのを防ぐので毛穴落ち対策に欠かせません。 化粧下地を適量を手のひらに取り、顔の斜め下の方向から中心に向かうイメージでムラなく均等に伸ばして、仕上げにハンドプレスをしましょう。一度にたくさんつけるのではなく、少しずつ塗って厚塗りを防ぐのがコツ。毛穴落ちが気になる部分はスポンジでたたき込んでおくといいですね。 化粧下地を馴染ませたら、パウダーファンデーションよりも肌とフィットしやすいリキッドファンデーションを使って、少しずつ指先で軽くたたき込むように塗り込みましょう。

毛穴落ち対策をして時間が経っても毛穴レスの陶器肌に

毛穴落ちを防ぐためには、ベースメイク前の丁寧な保湿ケアと化粧下地の選び方、使い方が重要です。慣れてくればすぐに毛穴レスのベースメイクが完成するのでぜひ試してみてくださいね。

 Profile

■監修/rnmm コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。 得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。 https://www.instagram.com/rnmms2/

pixta_31301996_S