記録的な猛暑となった7月、病院以外の屋内や路上で亡くなった人の数が大阪府内で急増していたことが、府警への取材で明らかになった。特に、大阪市内の最高気温が体温を超える37度以上となった計5日間の死者は、昨年の同じ日と比べて8割増。高気温ほど死者が増えており、熱中症や持病の悪化が背景にあるとみられる。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

7月の最高気温と死者数