宇津木監督も感心「まだまだ進化できる」

 世界に誇る日本のエース・上野由岐子(ビックカメラ高崎)がZOZOマリン名物の風を味方につけ、6勝1敗でA組2位通過のプエルトリコを一蹴した。

 10日からZOZOマリンで始まった第16回世界女子ソフトボール選手権決勝リーグ。アメリカがオーストラリアを破った第3試合の後、日本は午後7時からプエルトリコと対戦した。先発の上野は連投だったが、5回を投げて67球、4安打9奪三振無失点の好投で、7-0の6回コールド勝ちに貢献した。

 今大会10本塁打と日米に次ぐ長打力を持つプエルトリコを相手に、落ちるドロップを多投した。「しっかり振ってきたので、それをかわす感じ。ある意味、運もあるが風がボールを動かしてくれた」と、球場の特色を最大限に生かした。ZOZOマリンを本拠地とするプロ野球・ロッテの試合でも、海風がスタンドにぶつかって逆風となり、変化球はより大きく変化。短期間でその特色を生かしてみせたあたりは、さすが、世界の上野、だろう。

 宇津木監督も「世界でもトップ。使えるボールの種類が多い。まだまだ進化できる」と、北京五輪金メダリストを讃えた。(細野能功 / Yoshinori Hosono)

5回無失点の好投を見せた上野由岐子【写真:荒川祐史】