タレントのマツコ・デラックスが、きょう11日に放送される日本テレビ系バラエティ番組『マツコ会議』(毎週土曜23:00~)で、銀座で勝負する女性たちに喝を入れる。

今回は、年間9万人が利用するという東京駅近くのパウダールームから中継。高速バスの乗客を中心に利用されているバスラウンジの中にあり、さまざまな用途で使う女性達に重宝されているというが、マツコは「アタシもう(男女)どっちに入るのが正解なのか分からないのよ」と語る。

女性限定のパウダールームへ入っていくと、就職活動終わりにここで着替えとメイク直しをしているという大学生を発見。大学にいるのが楽しくなり、もっといたいという理由で大学職員を目指しているというが、倍率100倍の人気職業だというデータに、マツコは驚がくする。

書類だけでも30社以上落ちているという彼女に、石原プロデューサーは「他の仕事を見つけてスキルをアップしてから転職エージェンシーを活用するといい」と、まとめサイトを見ながら真面目なアドバイス。それを受け、マツコは「ごめん、夢も希望もないわね。未来は明るいからね!」と必死にフォローする。

他にも、おそろいの髪形と洋服で国民的人気アイドルのイベントへ行く3人組や、メイド喫茶のアルバイト出勤前にメイクをする女性など、パウダールームの利用目的は多種多様だ。

丸の内勤務のサラリーマンと出会うため、銀座へ行く前に気合を入れ直しに来たという女性2人組に、マツコは「土曜日ってサラリーマンいないみたいよ」とアドバイス。石原プロデューサーから「IT社長が行くawabarは?」と、とあるお店を提案されると、「愛人ヤダ! え、IT?」と聞き間違えられてしまい、マツコは大爆笑する。

そしてマツコは「絶対今日やれよ! 楽しいことをやれよ! 手ぶらで帰るなよ!」と勝負に挑む女性たちに喝を入れる。

画像提供:マイナビニュース